« 2007年3月 | トップページ | 2008年1月 »

人生をどう生きるか(1)

また、テーマ変えます。記事に連続性がなくすいません。

しかし、今回のテーマはこのブログのメインテーマです。

「人生をどう生きるか?」

「自分は人生をどう生きたいのか?」

そもそも、このテーマについて発信していくべく、ブログを立ち上げたわけですが、ここ1~2ヶ月間、時間を見つけては考えてきていましたが、悲しいほどに曖昧で明確にすることができず、文章にすることもできませんでした(今もですが)。

最近、どうにかぼんやりと見えてきた感じがあったのですが、本日、この苦難の作業を大いに助けてくれる記事をみつけましたので紹介します。

「あなたは人生をどう過ごしますか?」

「俺は一体何を求めているんだー!!」「くそー、はっきりしないー!!」と力を入れて考えてきましたが、この記事を読んだことでかなり楽に考えることができるようになりそうです。「どう生きるか?(どう生きるべきか?位の勢いで考えていた)」が「どう過ごしますか?」に変わっただけで、何か「すっと」きました。

この記事の著者は、「あなたは年末年始どう過ごしますか?」という問いかけから始まり、「では、あなたは人生をどう過ごしますか?」と聞いてきます。

更に突っ込んで「あなたはこの人生をどこでどんな風に過ごしたいですか?」と聞いてきます。

また、「自分の中から出てくる言葉やイメージに意識を向ける」「出てきた言葉やイメージを紙に書く」「とにかく、自由に思いつくまま想像を膨らませていく」とその方法を教えてくれています。

これらの過程を経て明確になったものを「人生のビジョン」と呼んでいます。また、このビジョンは、「固定したものでなく、どんどん変化するもの(していいもの、と理解)」と言っています。これが、また非常に自分の思考作業を楽にしてくれました。

次に、そのビジョンのベースとなる「人生で大切にしたいこと=価値観」が出てきますが、その見つけ方も「あなたが人生のビジョンを描いて、特にワクワクするイメージや言葉は?」「思わず、ニヤッとしたくなったり、身体が熱くなったりするものは?」「きれいな言葉である必要はない」と言っています。ますます楽になってきました。

皆さんも、この記事を読み、年末年始の休みを使って「人生」についてじっくり考えてみませんか?

自分もこの記事で紹介された方法に従って、再度じっくり考えてみようと思います。恥ずかしながら、その思考過程を公開(?)していきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

欲望のコントロール(1)

怪しげなタイトルを付けましたが、ちゃんと「資産形成」の記事です。

先の記事で「支出コントロールこそが鍵」といいましたが、更に、その「支出コントロール」の鍵は「欲望のコントロール」だと思っています。これって、なんとなく、説明なく皆さんも理解できますよね?

「マーケティング」という名の下に、現代の世の中は「買えー、買えー」というメッセージが溢れ返っていて、「欲望」を煽ります。この事実を意識して自分の欲望をしっかりコントロールする必要があります。

さて、「欲望をコントロールしましょう」と言っても、「節約しましょう」と同様、「あっ、そう」という感じでしょうから、私めの「欲望コントロール術」というか「購買/支出までの思考術」を御紹介します。

「マジでそんなこと考えているの?」「都度、そんなこと考えて疲れない?」「そんなんで人生楽しい?」「資本主義の敵!!」とか言われそうですが・・・、

世の中の多くの人と同じようにしていたら、世の中の多くの人と同様、「忙しいー、忙しいー」とか「ああ、明日は月曜日だ、やだなー」とか言って定年退職までサラリーマンすることになるので、その方が数倍嫌なだけです。とっとと経済的な自由を手に入れて、自由に生きたいだけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インターネット銀行

そんなこと知っているよ、というネタかもしれませんが、知らない人or実践していない人もいるかもしれないので、ちょいとこのネタで1つ。

サラリーマンなら誰しもが銀行口座をもっていると思いますが、入社したときに開いた銀行口座をそのまま使っているケースが多いのではないでしょうか?

利便性、送金・振込み手数料などのコスト、預貯金の金利、などの観点から考えると圧倒的にインターネットバンクがいいです。直ぐに開設しましょう。

<コスト>

振込み手数料が全く違います。自分の給与振込み銀行口座である某大手銀行は他行への振込みだと500百円近くとるし、同じ支店内の振込みでさえ手数料を取ります。一方、ネットバンクであれば、他行では200円前後、同行内では50円程度です。

自分は、電気製品、本、自転車に至るまで、ネット上で一番安いものを探して、その店から購入します。また、yahooオークションも頻繁に利用します。よって、銀行振込は頻繁にやります(ネット上のカード決済は嫌いなので)。大抵の店や出品者はネットバンク口座を有している為、送金手数料が非常に安くすんでいます。

<金利>

円通貨の預金金利は世界最低なので預金したくはないのですが、一方、余剰円貨全てを時間的分散なく一度に色々なものに投資するのもよくないので、時間の分散を図る期間、円預金か円のMMFを使用せざるを得ないです。

通常、銀行預金よりMMFの方が利回りが高いのですが、なんとネットバンクの定期預金金利はMMF利回りを上回っています。

ということで、自分は余剰金は全てネットバンクの定期預金に入れています。以下、比較して下さい(本日時点)。

  • 某大手銀行 1年もの定期  0.35~0.40%(預金額により異なる)
  • 某証券会社MMF 0.539%
  • 某ネットバンク 1年もの定期 0.84~0.89%(預金額により異なる)

大手銀行は、ホントにメリットないですよ。

最近、メイン(大手銀行)からネットバンクへの振込手数料ももったいなく感じてきたので、まずは賞与振込先をネットバンクに変更しました。

今のところ、メジャーなネットバンクは以下の2行でしょう。

自分は両口座を持っていますが、セキュリティーの観点と預金金利の観点から、JNBを基本にしています。

尚、上記では「円貨預金」についてのみ触れており、「外貨預金」に触れていません。「金利」「為替換算手数料」の観点から、「外貨預金」も同様に大手銀行よりもネットバンクの方が優れていますが、自分は「日本の銀行における外貨預金」そのものをお勧めしません。理由は別の機会に。とにかく、「日本の銀行における外貨預金」をするくらいなら、証券会社での「外貨MMF」の方がいい、とだけ覚えておいて下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どうやって資産形成(3)

「運用する前の金融資産=貯金」となるので、貯金額をUPさせる、と言うことができると思います。先に述べたように、「資産運用」についてのブログやHPは星の数ほどありますが、この資産形成の観点から貯金UPや支出コントロールの重要性を説くことをメインとしたものはあまり見かけません。リンクで紹介させてもらっている「貯金生活。投資生活。」は、この点を取り上げている非常に気づきの多いすばらしいブログだと思いますので、是非訪問して下さい(ご本人の許可も得ず、勝手に宣伝してますが・・・)。因みに、自分は、初めてこのブログを見つけた時に、最初の記事から直近まで全部を深夜まで掛けて読みました(凝り性なんで・・・)。

「支出をコントロールする」と言えば、「節約」という言葉につながるわけですが、この「節約」についても、これまた非常に優秀でしっかりした主婦の方々を中心に多数のブログやHPがあります(妻もこういう方々だったらよかったな、と羨ましく思います)。

「だったら、アンタの言うこと聞く必要ないじゃないの。」という意見もあるかと思いますが、自分はちょっと切り口が違うというか見ている箇所が違います。

「節約」のブログを公開されている主婦の方々は、主婦らしく、女性らしく、日々の細かい出費を抑える節約術を展開されています。「ちょっとした工夫でちょっとした節約」という感じです。「塵も積もれば山となる」なのでこれは非常に重要なマインドです。自分の妻にはいつも「おい、この人から少しは学べよ→(後日)→ちょっと覗いて研究してみたら?→(後日)→御願いだから学んでくれ~。」という感じの会話がなされています。

しかし、妻にそう言いつつも、1日で数十万円、時には百万円以上の金融資産の変動が発生する額を運用している立場からすると、これらのことはミクロの話になります。(自分自身が結構な倹約家であり、節約ブログを展開されている方々を否定するものでは決してありませんことご了承下さい)。

一方、「資産運用」「セミリタイヤ」関連のブログやHPを展開されている方々は、推測するに独身の方々が多いようです。

脱線しますが、最近は、高度な金融リテラテシーを身につけている若い人が多く、関心すると同時に過去の自分が本当にレベルの低い若者であったとつくづく思う次第です。プライドもなく、この方々のブログ等から勉強さえてもらっています。

話を戻すと、「独身」について何が言いたいかと言いますと、この方々はまだ「未体験ゾーン」を経験されていない、といいたいのです。つまり、「巨額の出費ワールド」に踏み入っていないように見受けられます(推測ですが)。

自分は、この「ゾーン」に足を踏み入れ始めた状態であり、その先が見えてきている状態です。「これは資産運用でちまちま稼ぐことにエネルギーを注いでいる状況じゃないなぁ~。今から研究して作戦練っとく必要あるぞ~。」と思っている状況です。

その、「巨額の出費ワールド」とは・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どうやって資産形成(2)

金融資産形成の式 : (収入-支出)×資産運用

前に、「資産運用」と「資産形成」を意識してわけている、と言いましたよね。まさしく、この式です。「資産運用」は「資産形成」の式の一部です。当たり前だけど、分かってないというか意識していない人が多い気がします。

本屋に並ぶ多くの本やたくさんのブログやHPは「資産運用」の手法を紹介しているものです。「何」で運用するか、「どういうスタンス」で運用するか、喧々諤々と議論されています。それはそれで重要な点なので否定する気はありません。しかし、「そこだけ」を見て、「そこだけ」で資産形成がなされるように考えて、「そこだけ」にエネルギーを投入するのは、「木を見て森を見ず」だと思います。

そういう自分も、昔は、「日本のハイテク株の個別銘柄の短期売買(アホ三拍子)」に膨大なエネギーを投入していました。ものすごい凝り性なので、当時は毎日2時とか3時まで研究していました。「木を見て森を見ず」でなく「葉脈みて森をみず」くらいの勢いでしたね。現在は長期のPasive運用をしています(厳密にはそこにもっていっている最中)。

話を戻すと、重要なのは、この式の前の部分、「収入-支出」です。これは「=金融資産」でもあります。

「資産運用」方法を議論する前に、この「資産」がなければ、若しくはあっても小さければ話にならないのです。小さいと無理してレバレッジかけて(所謂ギャンブル)、結果、損するのです。若しくは、損しなくても投入したエネルギーほどの対価は得ることができないか、次のゲーム(敢えて「運用」でなく「ゲーム」と呼びます)で損を蒙ることになります。

よって、まずは「金融資産=(収入-支出)」の絶対額を増やすことに注力する必要があります。これが大きくなってくると余裕をもった「運用」ができるようになります。詳細は後日に譲りますが、この「余裕の運用」こそが「金持ち達の運用手法」であり、「どんどん資産が増えていく運用方法」なのです。自分はサラリーマンですが、最近、それをほんの少しだけ覗くことができる(といってもまだ全然見えてないと思いますが)位置に来たが故に分かります。まさしく、「経験」してわかるです。

サラリーマンは、残念ながら「収入」が基本的に固定です。成功報酬体系になっている営業マンの方は違ってくると思いますが、大半のサラリーマンは、「収入」の金額を自分でコントロールすることはできないと思います。

となると、「支出」です。このコントロールこそがカギです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どうやって資産形成(1)

では、どうやって「お金をうんでくれる資産」を増やすか?

自分のことを知っている人から「はぁー、あいつ株に狂ってたからなぁー。大もうけした後に大損したんじゃなかったっけ?そんなこと人に勧めるなよー。」という声が聞こえてきそうです。

違います!!それではないです。若かりし頃は、ITバブルに乗って、貴重な「時間」を膨大に無駄にし、大切な「お金」をたくさん失ってしまいましたが、言おうとしていることは違います。

因みに、脱線しますが、「経験」というのはとても貴重だと思います。もっというならば「若いうちに経験する」ことは非常に価値があります。負け惜しみでなく、理屈で理解しても経験しないと自分のものにならないことがあります。ま、ビスマルクは「賢者は過去に学び、愚者は経験してからはじめて学ぶ」とかなんとか言っていたので、自分は愚者のジャンルに分類されるかもしれませんが、いずれにしても皆さんは自分の失敗は避けてほしいものです。自分の失敗をいずれ御紹介したいと思います(というか、ただ一時的に儲かって、調子乗ってもっと資金投入して、結局、大損しただけの話ですが)。

前置きが長くなりました。まず、金融資産形成について。

話をややこしくするつもりはないのですが、「資産」には色々なタイプのものがあり、例の「金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント」金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント では「ビジネス」も「資産」区分に入れています。よって、ここでは「金融資産」の形成、に限定します。

金融資産の形成は、この式に凝縮されます。

(収入-支出)×資産運用

「は?何これ?」とか「知っているよ、色々な本に出てるよ。」という声が聞こえてきそうですね。いや、その通りなんですが。意外と知らない、もしくは、ちゃんと理解していない、もっというなら実践できていない、のではないか、と思って紹介する次第です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なぜ資産形成(2)

先の記事で書いたように「お金」がサラリーマンの「自由な行動の最大の制約要因」であり、「思い切った行動を躊躇させる心配要因」という前提に立つならば、「お金」が増えれば、その重しから解き放たれることになります。

では、その「お金」の増やし方ですが、世の中の大半のサラリーマンは、給料やボーナスで余ったお金を「貯金」という形で保有していると思います。これが問題というつもりはありません。銀行や証券会社に変なものを買わされて、大切なお金を減らしてしまうより断然いいです(銀行・証券会社勤務の方々、すいません・・・。)

ただ、これでは「お金の心配」はなかなか消えない、つまり、なかなか「自由」になれないです。

自分でいうのも何ですが、多分、自分は、サラリーマンの中では(所詮、この職種の中での話ですが)そこそこ高い所得を得ており、かつ、それなりの貯金があると思っていますが、この「心配」はトンと消えません。どうしてでしょうか?それは、自分以外の稼ぎ手がいないからです。お風呂の蛇口が1つしかないからです。その蛇口が閉まれば、後はたまった水を使うばかりで「減る」という選択肢しか残っていないからです。

かなりの貯金を有する高齢者の方々が中々そのお金を使おうとしないのは、いつ故障するか分からない「年金」という名のついた蛇口しか持っていないからです。

となると、解決策はおのずと決まってきます。もう1つの蛇口をもつことです。自分の労働以外からの定期的な「Cash In」こそが、この「心配」を解消する方法だと思います。

貯金のような「お金」そのもの、「お金」と対価性のあるもの、を会計用語で「資産」といいますが、この「資産」の中でも「お金を生んでくれる資産」を増やしていく必要があると思います。

ということで、じゃ、どうやって「お金を生んでくれる資産」を増やしていくか?ということを考える必要がでてきます。

因みに、2000年に日本で発売されて以来、未だにビジネス関連書では上位(もしかして1位?)であるロバート・キヨサキ氏著書の「金持ち父さん貧乏父さん」金持ち父さん貧乏父さん は「資産形成」の観点より1読の価値あると思います。まだの方は是非どうぞ。別の記事で書きましたが、数年ぶりに再度読んで新たな気づきがありました(経験値が変わると「ほぉー」反応する箇所も変わるんですね)。但し、彼自身が言っているとおり、彼の資産をなした不動産取引はあくまで「例」であって、重要なのは彼が提示している「考え方」だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なぜ資産形成?(1)

当ブログのもう1つのテーマである「資産形成」についても平行して始めようと思います。当ブログのタイトルでも使っているように、当ブログは「サラリーマン」を念頭においています。よって、この「資産形成」で述べることも主に「サラリーマン」を念頭においていることを御了承願います。考え方は全ての職種の方々に通用すると思いますが、自営業、弁護士、医者等の方々からすると相当にみみっちい金額や発想だったりすると思います。

尚、「資産運用ではなく「資産形成と読んでいるのにはちゃんとこだわりがあってのことです。別途、説明します。

最初に、このテーマをもう1つの柱とした理由を説明したいと思います。言わずもがな、「夢」だ「人生の目標」だ「やりがい」だ、と言っても、「お金」というものから逃れることはできないと思っています。所謂「一家の長としての一定のレベルの責任感がある一般的日本人サラリーマン」であるならば、この点、色々説明する必要がないと思います。この「お金」が「自由な行動をできなくさせる最大の制約要因」であり、「思い切った行動を躊躇させる心配要因」だと思っています。現在、サラリーマン病のようになりつつある「うつ病」も、結局「お金」の問題に行き着くと思っています。

「人生、お金がすべてじゃないよ。どうにかなるよ。」という方もいらっしゃるかと思います。そういう発想ができて、家族もそれに賛同してくれる、というような環境はすばらしいと思いますし、羨ましい限りです。しかし、自分も自分の家族も含め、その発想ができる方は少ないのではないかと思います。やはり最低限の「お金」は必須です。少なくとも、日本を含め我々日本人が生活することができる大半の国(要は北朝鮮などでない世界の大半の国)は資本主義の国であり、これらの国で自分の人生をうまくコントロールして有意義なものとするには「お金」は不可欠なものだと思っています。

ということで、これをもう1つのテーマとしたわけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人生への疑問(1)

どこから始めようか、と思いましたが、ずばりここからスタートします。

自分の今の人生への「疑問」です。

また、この路線の延長にある自分の将来への「疑問」です。

新卒で入社してあっと言う間に10数年経過しました。実は入社以来、今の会社の価値観(or日本企業の価値観?)と「自分の価値観」とのズレは感じていましたが・・・、

・日々の仕事に追われ深く考える暇もなく、

・周りも全く同じ環境だったし、

・仕事でもOFFでも楽しいことも結構あったし(特に独身時代は)、

・一部は自分の希望叶っていたし、

・収入がよかったし、

という言い訳がたくさんあり、ひたすら突っ走ってきました。

しかし、30代半ばになり、また、日本を外から見る環境(=海外)におり、それでも、尚、ばりばりの日本企業の価値観で生活せざるをえない自分に対し、最近、この「疑問」が非常に大きくなってきました。

この「ズレ」に対する認識レベルは、2タイプあると思います。

(1)自分の目指すもの、価値感が明確で、これと現状の乖離点が明確

(2)はっきりとは言えないが、現状は自分の目指すものではない

大半の人は(2)じゃないでしょうか?そうであって下さい。少なくとも、自分は(2)です・・・。

自分の就職した年の前後はとにかく氷河期で、希望の業種・会社に就職できた人は少ないはずです。仮に希望の業種・会社に就いたとしても、学生時代に考えていたものと現実が一致しているとは限りません。因みに、自分は希望の業種についた方の人間です。

人生哲学の本や転職支援機関などでは、

・「現状否定」からスタートするのでは、転職しても駄目

・「人生の目標や夢」を明確にしてから行動する必要がある

と説きます。おっしゃる通りです。分かってます。

が、難しいです。とても。そうそう容易に明確な「夢や人生目標」なんか言えません。

なぜって、

・自分は長期人生計画を立てているような人間でないし、

・社会人を10年以上やって、厳しい現実を知っている

からです。

ということで、「はぁー、人生の目標ねー。現状の不満ならいくつも言えるけどなー。難しいなー。」と悩みながら、あの「金持ち父さん貧乏父さん」金持ち父さん貧乏父さん を数年ぶりに読み返していたら、救いとなる文章がありました!!

「まず、やりたくないことのリストをあげてみる。これを最初にあげるのは、やりたいことはここから生まれるからだ。」

演繹法か帰納法かよく分かりませんが、この思考法(というほど大げさなものでもないのですが)はとても助かりました。

次回、現状の不満点、猛烈に挙げていきます(付加価値なしの愚痴コーナー)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブログ再開と方針決定

ブログを開設した時に自らが心配していた通り、開設直後から中断していました。

色々と精神的に疲労していて、昔と違い、こういうことをするエネルギーがなくなったことと、どういうことをテーマにして発信しようか、という点がはっきりしていなかったことも理由です。

今回、ようやく方針決定しました!!ここ最近、うにゃうにゃと日々考えている「自分の人生どういきるべきか?」というテーマでいきたいと思います。また、人生を考えていく上で(特に家族持ちには)避けては通れないお金(=資産形成)についてもテーマにしていきたいと思います。

自分は現在30代半ばのサラリーマンです。同世代の人たちで、同じようなこととを考えている方々の意見を聞かせてもらいながら続けていければと思います(別に同世代限定でも何でもないですが)。

まずは、高校・大学の友人に読んでもらうことから始めます(そもそもまだカウンター80件ですしね。。。。)。しかし、心配なのは「そんなこと考えてないし、今の状況ですごい満足。」といきなり言われて、あんまり反応がないことですかね。。。。

ま、まずは自分の頭の中を整理する目的で始めます。如何せん、まだ、頭の中がうにゃうにゃとした状況なので。

自分がよく訪問させてもらっているブログ(多分そんなに歳は離れていない方々だと思います)の論理的かつ付加価値の高い文章に比べて、子供の日記のような感じになりますが、ご容赦下さい。

尚、その他のブログや私的なHP同様、ここで書くことはあくまで個人的な見解であり、御意見の異なる方を否定・非難するものでは全くありませんこと予め申し上げます。とういうことで批判めいたコメントや怒りのコメントはご容赦下さい。「ちょっと違う意見なんだけどどう思う?」みたいなコメントは当然welcomeです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2008年1月 »