« ウォール街のランダム・ウォーカー | トップページ | 2008年1月 運用実績 »

1月の相場

仕事が多忙で、久しぶりのエントリーです。

しかし、サブプライム問題で世界中の株式下落が止まりませんね・・・。

幸か不幸か、相場が大幅に下落する時、休暇中であったり、出張中だったり、業務が忙しいときだったりすることが多く、結果、後日、数字をチェックして衝撃を受けるのですが、今回もまたそうでした。

長期投資を投資スタンスとしているので、通常、相場が下落してもバタバタすることがなく、逆に臨時投資を実施したりしていましたが、今回は若干事情が違いました。

というのも、今まではかなりの含み益があり、それが増減するだけだったので、余裕の逆張り投資(=下落時の追加投資)をしていましたが、ここ数ヶ月の下落でその含み益がほとんどなくなっており、心理的余裕がなくなっていました。

「下落局面で狼狽売りをしない」という点は、克服できていますが、「下落局面でも買いを入れ続ける」という点については、含み益がないと、なかなか難しいものがありますね。

現在の相場は、まさしく長期投資の実践を試されている相場ですね。

実は、今回の下落で積極的に追加購入しなかったのは、「含み益枯渇による心理的抵抗感」だけでなく、ドルコスト平均法による投資方法を完全に肯定していないことも理由ではあります。これについては、後日、別の機会にコメントしようと思います。

2月も中旬になりますが、ようやく1月の運用実績をまとめました。

今後、毎月、運用実績を報告していきたいと思います。

|

« ウォール街のランダム・ウォーカー | トップページ | 2008年1月 運用実績 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1月の相場:

« ウォール街のランダム・ウォーカー | トップページ | 2008年1月 運用実績 »