« 海外での所得をどうするか(1) | トップページ | 独立という選択肢を考える(1) »

海外での所得をどうするか(2)

海外で労働所得を得る方法は大きくわけて以下の2つでしょう。

  1. 海外で会社勤めををする
  2. 海外で起業する

(1)海外で会社勤めををする

更に2つのパターンに分けられます。

  1. 現地資本の会社に勤務
  2. 日系企業の現地法人で現地職員として勤務

過去のエントリーでコメントしました通り、日本企業は国内外問わず、日本人ワールドを展開してきます。本店からの駐在員でなく現地採用であろうと相手が日本人であれば、その価値観を強要してきます(不思議と外国人には強要しませんが)。ということで、(2)選択肢では、何のために日本を出たのか分からなくなるので、基本的には対象外です(”基本的には”という理由はまた後日・・・)。

(1)の現地資本の会社への勤務、はどうでしょう?欧米の企業は日本企業と異なり、on/offがしっかりしているので、検討の対象にはなります。しかし、こちらが希望しても現実的に実現可能か、というと、自分は帰国子女でなく英語堪能なわけでもなく、また特殊技能があるわけでもないことを考慮すると、なかなか難しいと思います。

(2)海外で起業する

この選択肢はどうでしょう?

サラリーマンが独立するのにはかなりのリスクが伴います。ましてや、いきなり、海外で起業するなど正気の沙汰でない気がします。自分もそう考えます。考えたこともありませんでした。

しかし、先に紹介した海外移住を実現された方の本を読むと、意外と多くの移住者の方がこの形態を選択しているのです。当然、本に出てくる方々は、成功した方々であり、その影にはたくさんの失敗した方々もいるでしょう。しかし、こういう方法もあるのだ、と気がつきました。

ところで、先のエントリー(人生をどう生きるか(3))で言いましたが、「どういう風に生きたいか」という点における自分の希望にかなう究極の労働形態は、「自営業」だと思うのです。

更に、海外移住とは関係なく、昔から「いつかは独立したい」と思っていました。

ということで、「海外移住」に加え、「海外で起業」も本気で目指してみようか、と本気で考え始めました。(オイオイ、大丈夫か・・・、という声が聞こえてきそうですが・・・。

|

« 海外での所得をどうするか(1) | トップページ | 独立という選択肢を考える(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海外での所得をどうするか(2):

« 海外での所得をどうするか(1) | トップページ | 独立という選択肢を考える(1) »