« 海外移住という選択(3) | トップページ | 海外での所得をどうするか(1) »

海外移住という選択(4)

欧米諸国の方が日本より魅力的な点が多い、と書きました。

しかし、どこでもいいわけではありません。

先のエントリーでいった条件は以下。

  1. 美しい自然が近くにある。
  2. 治安がいい。町が静か。
  3. 住人が各国からきており異文化/異人種への許容度が高い。
  4. 文化レベルが高い。
  5. 地域コミュミティーがしっかりしている。
  6. 住人が大人である。
  7. 教育環境が整っている。
  8. 個々人の人生/価値観が大切にされている。

補足したいと思います。

海外に住んだことがある人は分かりますが、「居心地のよさ」で(3)の点は重要となります。残念なことですが、欧米諸国も含めアジア人蔑視は結構あります。

僕は日本で育った人間なので、アジア人であることを見下されたような蔑視的表現をきくと、「バーカ、お前らのような途上国の人間に馬鹿にされてたまるか。」と思うだけなのですが、子供などは、日本人(というかアジア人)であることにコンプレックスを持ってしまいます。日本人なのに日本人であることを誇れないなんて、とんでもないので、これは最重視事項です。

メトロポリタンな雰囲気があり、アジア人蔑視がないところ。まだ、調べている段階ですが、そういう都市は世界的にもかなり限定されてきます。

  • カナダの一部の都市
  • オーストラリアの一部の都市
  • UKの一部の都市
  • USAの一部の都市

EU諸国はどうなんでしょうか?旅行ならいいのですが、移住先として適しているのか?という観点からは、アジア人蔑視があるような気がしてますが、実態はどうなのでしょうか?帰国したら社内の欧州組から情報を得ようと思います。

「この都市は最高だった」というような情報ありましたら教えて下さい(長期滞在した経験で旅行経験でなく)。

|

« 海外移住という選択(3) | トップページ | 海外での所得をどうするか(1) »

コメント

こんにちは、Palcomさん、V-maxさんのブログから、こちらにお邪魔してます。カナダの滝沢さんのサイトも良く見てますよ。10年前に30代後半(女性)で中学生の子供を連れ米国に移住しました。自分のときはネット環境も不十分で暗中模索、苦労もありましたが、値上がり前に米国不動産に投資できたので、資産も増え不労所得生活が実現。おかげで異国生活のストレスもなく今は満足な生活送ってます。子供の教育の為米国を選びましたが、大学も出したので、次は単身マレーシアに行こうかと。でもこういうライフスタイル、世間では理解されません。こちらのブログで仲間を見つけたようで嬉しくて思わずレスしました。ご健闘、祈ります。

投稿: meri | 2008年5月23日 (金) 04時11分

meriさん、

コメントありがとうございます。
海外で不労所得生活を実現ですか。うらやましいです。移住成功者として、meriさんは僕の師匠ですね。
色々と教えてください。

meriさんは、どういう形態のVISAで米国に入ったのでしょうか?

投稿: サラリーマン | 2008年5月25日 (日) 01時28分

私は5000万円を米国移民局指定のビジネスに投資して永住権を取得しました。でもお金持ちじゃないです。高卒の普通の中年女。20年夫婦共働きで夫の収入で生活、私の収入は全て貯金して、はじめは親子留学資金のつもりが、現地でそれだけあるなら投資永住権が取れるといわれて。全てDIYだから得られた情報でしょう。でもその後現地日本人に『お金でGCを買った』と悪口を言われて以来公言はしていません。リスクはありましたが、今では十分な配当と含み益、足りなきゃ永住権ですから働けるし、日米で年金受給資格も取れました、『買った』どころか『儲けました』(笑)このサイトは私の移住インセンティブと重なるところが多く、特に移住したいと言いながら夢見ごごちの人が多い中、具体的に『たね銭』ためなきゃ、何にも始まらないと理解していらっしゃるところが良いです(笑)私は当時無我夢中で何の記録も残す余裕もなかったので、こちらのサイトで追体験させていただいております、ありがとう。

投稿: meri | 2008年5月25日 (日) 14時15分

>私は5000万円を米国移民局指定のビジネスに投資して永住権を取得しました。でもお金持ちじゃないです。

うーむ、5000万円ですか。大金ですねー。いやー、十分金持ちですよ。
VISAについてはあまり詳しくしらべてないのですが、USAの場合の指定投資先は投資対象として優良なのでしょうか?オーストラリア(カナダだったかな?)の場合は、優良とはいえない、投資先だった記憶があります。

>このサイトは私の移住インセンティブと重なるところが多く、特に移住したいと言いながら夢見ごごちの人が多い中、具体的に『たね銭』ためなきゃ、何にも始まらないと理解していらっしゃるところが良いです

海外移住にしても早期リタイアについても具体的に金銭面に触れているブログが少ない為、自分のブログはその辺りをもっとつっこんでみよう、と思った次第です。しかし、それが故に、厳しい現実を前に「思い込み」なしでは夢を語れないという悩みがあるのですが。。。

投稿: サラリーマン | 2008年5月26日 (月) 01時12分

>優良とはいえない、投資先
本国人がリスクをとらない案件だから外国人にリスクをとらせてご褒美に永住権を発給するんです、世の中そんなに甘くない(笑)資金、知識だけでは駄目で、胆力もふくめ五感をフル稼働させて、いかに優良な投資先を探し出せるかがキーになります、その意味では私はギャンブラーかも。ご健闘祈ります。

投稿: meri | 2008年5月31日 (土) 12時04分

やっぱり「胆力」が必要ですよね。がんばります!!

投稿: サラリーマン | 2008年6月 3日 (火) 06時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海外移住という選択(4):

« 海外移住という選択(3) | トップページ | 海外での所得をどうするか(1) »