« 2008年5月 | トップページ

為替(自分用メモ)

またしても自分の頭整理用メモです。

<現在の世界の資金の流れ>

金融不安/景気後退懸念 → 株式(金融)市場から避難 → 投資先を探して商品市場へ → 商品up

原油up → インフレ懸念 → 米国景気後退懸念 → 米国株式down → ドル売り(ドル安)

商品市場up → インフレ懸念 → FRB/ECBの強調利上げ可能性 → ドル買いとユーロ買い → ドル高とユーロ高(対円で)

FRB/ECBの強調利上げ可能性 → 長期金利up → 長期債券down(既にマーケットは織り込んでいるか?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コモディティに投資するか?

6-7年前、世の中がデフレデフレと騒いでいるときに、NHKかBBCかのテレビ番組をみて(内容は忘れたのですが)将来はすごいインフレがくるに違いない、と思いました。

が、思ってはいましたが、商品に投資しようという考えにも至らず、また、同時はその方法もありありませんでした。

ニュースなどで最近は世界中でインフレが進んでいることは知っていましたが、物価の安ーいスーパー途上国に住んでいるので、世の中のインフレを実感として感じることができないでいました。

また、最近の資源相場はファンド等が実需以上に相場を押し上げている側面もあると考えていましたし(仕事上、その辺りの情報はよく入ってくるので)、また、はやりものに手を出すとろくなことはない、と思っていたので、気になってはいましたがコモディティを投資対象には考えず、そういうETFがあるのかどうかもチェックしていませんでした。

そもそも、コモディティ投資以前に、株式/債券の分散や国内/海外の分散もできていない状態なので、まずはそちらのポートフォリオ修正が先、という思いもありました。

しかし・・・、ここまでインフレが進んでくると、ちょっとヘッジしておいた方がいいかも、と思い出しました。

日本は今までがデフレ状態だったので、前年からの物価上昇率が世界の中でも最低レベルで維持されていますが、他国はすごい勢いで上がってきています。日本も遅かれ早かれ上昇率が高まってくるかもしれません。

ということで・・・・、

今頃ですが・・・、

こんなに相場が吹き飛んでしまった後ですが・・・、

コモディティ投資を検討します!!

鉱物資源やエネルギーの相場上昇は自分の会社が十分に恩恵を得ているようなので(その割に自分の給料は全然あがりませんが)、便宜、それらコモディティからのインフレ影響はカバーできていると見なし(強引!!)、

食料だけに注目します!! 

ということで早速食料関連のETFを調べたところ、以下の2つがありました。

MOOは食料事業をしている会社が投資対象としているのに対し、後者は食料品の先物指数に連動するETFになっていて、大豆/小麦/コーン/砂糖など流動性の高い食料が対象となっています。

さて、いずれにしますかね・・・。どちらのETFも既にものすごく上がっているいるので今から手を出すのはカモねぎ状態のような気もするのですが、このまま、中長期的に上がっていくような気もします

しかし、金融市場規模に比較して、商品市場規模はかなり小さいのに各種ファンドの資金が流れ込んでおり、一旦資金が引き出したらものすごい下げになりそうな気もしますね・・・

どらちに投資するにしてもMinimum投資でいこうと思います。

尚、コモデティ投資に関する「論理的な考え方」は以下のブログのエントリーを参考下さい(直感で勝負しているように見えるかもしれませんが、一応、同ブログの内容のようなこともきちんと参考にして考えてはいます・・・)。

Vmaxの投資のブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

債券クラス投資対象の見直し

過去にも債券クラスの投資対象を見直ししました。結果、現在の定期購入している債券クラスのETFは、以下の2つ。

FRBによる金融緩和(FFの引き下げ)も打ち止め観測がでています。それどころか、インフレ退治の為の金利引き上げの可能性も言われだしています(個人的にはまだまだ先だと思いますが)。

ということで、長期金利も既に上昇(長期債券価格は下落)し始めているので、自分の債券の投資対象も短期にすることを考える必要があるかも、と思った次第。

債券のETFはあまり研究しておらず(株のETFもだけど・・・)、深く考えずに取引量が大きく、純資産も大きいAGGにしていましたが、調べてみると同程度の取引量と純資産で、より短期間の債券クラスをみつけました。

iShares Lehman 1-3 Treasury Bond (SHY)

AGGに替え、こちらを購入してみることを検討したいと思います。

尚、債券のETFについては、以下のブログにて比較されています。

敗者と勝者のゲーム

しかし、先のエントリーでも書きましたが為替が重要です。債券の利回りなんて為替レート次第で簡単に吹き飛びます。為替リスクを追ってまで債券クラスに投資する意味あるのかな?ということも考えているこのごろです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

為替の動きが気になる

海外株式はInteractive Brokersを使って数種類のETFを購入しています。当然ドルでの購入になるので、ETFの購入前にドルを購入する必要があります。

ETFは、購入タイミングはあまり深く考えずに、単純に月に2回買いをいれています。

問題は、ドル購入のタイミング。

ドル購入もETF購入時と同じタイミングで購入するという手もあるのですが(それがもっとも簡単な方法ですが)、為替の動きが非常に大きく円建の収益性に大きく影響してくること、また、投資とは別に今の生活資金として定期的に大きな額のドルを調達する必要があることもあり、為替相場をにらみながらドルを購入しています。

しかし・・・、

為替相場も株式相場同様、読めません・・・・。

FXをしている人達はどの程度の相場知識があってやっているのでしょうか?

10年以上為替相場を見ていますが(別に専門ではないですが)、為替相場を読むのは簡単じゃないですけどねぇ。

株式同様、余計な知識がない方がいいのかもしれません。

日本って、自国通貨の価値が目減りする(円安になる)ことを喜ぶ、稀有な国ですが、通常の国は自国通貨価値の減少は国力の減少につながるので、なんらかの対策を打ってきます。特にアメリカのような経済形態をもつ国は言わずもがなです。

過去のドル円の為替をみるに、100円以下になると反発しています(反発までの期間は一定でないとしても)。素人はこの辺りを目安にするのがいいのかもしれません。

95円までいった時に、「もっと円高になる」とかいわれたので、ドル買いを逸してしまいました。中長期的には反発するはずなので、自動的に買うべきでした。

95円での買いは逸しましたが、102円程度のときに、そろそろ「ドル安を放置しない」発言が出てくるのではないか、と思い、1万ドルほどドルを買っておいたら、やっぱりでバーナンキ議長からこの発言が出ましたね。円安ドル高が急進しました。現在107円。

1万ドルの大半は生活資金として、IB口座から当地に送金してしまったので、ETF購入用のドルがもうない・・・・。思い切って買っておけばよかった・・・。

しかし、今後の相場も読めないなぁー。(じゃ、ドルコスト平均にしろよ、という声が聞こえてきそうですが・・・)

<思考メモ(自分用)>

・FRBはインフレ警戒→ドル安による輸入価格の上昇(消費者物価の上昇)を警戒→ドル安を牽制→ドル高円安

・FRBはこれ以上の金融緩和をしない→今の金利が最低水準→将来は金利UP→今のドルが一番安い→ドル買い→ドル高円安

・ECBが利上げを意識→更なるユーロ高ドル安の圧力→FRBはドル防衛を意識→ドル高ユーロ安を誘導→ドル高円安?

but、短期的には別シナリオもあり

・更なる金融不安→更なる金融緩和(金利低下)圧力→ドル売り→ドル安円高

・失業率の更なる増加→アメリカ経済の後退が顕在化→ドル売り→ドル安円高

・ECB利上げ→足元景気悪化が足かせとなりFRBは金利維持→ドル安ユーロ高→ドル安円高?

うーん、読めない・・・。

日本とアメリカの長期金利も動きがでてきているし、こっちも見ておかねば・・・。

あー、面倒くさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月投資完了

先月に続き、米国証券のInteractive BrokersでのETF購入とEトレード証券での海外リート投信の購入です。

<海外株式クラス>

  • 米国株式 : SPY 5株 + VTI 4株 = 1,274ドル
  • 欧州株式 : VGK 12株 = 870ドル
  • 新興国株式 : EEM 2株 + VWO 3株 = 620ドル
  • TTL : 2,764ドル

<海外債券クラス>

  • 米国債券 : AGG 5株 + TIP 5株 = 1,040ドル

<不動産クラス>

<合計>

  • 4,003ドル(約42万円)+3万円=約45万円

<コメント>

  • 今月から投資額を引き上げようと思っていましたが、小者度を発揮して、約4万円しかUPできませんでした。
  • 為替が1ドル=100円のころにもっとドルを調達しておくべきでした。株の購入タイミングは月2回と決めおり、値動きはみないことにしていますが、為替は動きが大きいのでタイミングをみながらドル購入をしています。が株同様、自分の相場観でタイミングを読むとうまくいきません。こちらもドルコストにするべきか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ