海外移住という選択(2)

日本非難をするつもりはありません。

唯、日本がたった一度の人生を過ごすに値するのか?という点から、他国との比較をしてみたいと思います。

<政治/税金/年金>

日本では国も地方も税金の使い方がでたらめで不透明です。年金も納めるだけ無駄なのに、サラリーマンをする限り、強制加入です。欧米先進国ではありえないことです。この辺りのマインドが日本と欧米先進国で大きく異なりましす。日本社会には色濃く「お上」社会が残っています。

<教育>

日本は完全に崩壊しています。公立をさけるには私立しかありません。しかし、私立に行かせると親が一般サラリーマンの場合、経済的に悲惨なことになります。また、私立/公立の区別とは別に、日本の教育方法が今後の世界に通用する人材を育てる教育方法とはとても思えません。

では、欧米の教育機関がそんなすばらしいのか?というと、それも否です。アメリカもかなりの公立が崩壊しています。唯、いえることは、選択の機会は日本より多く、比較論として、欧米で教育機会を探す方が魅力的となります。また、教育方法も多種多様であり、自分の価値観とあう教育機関を選択することが可能となります。

<個人権利>

日本は、個人の権利が軽視される国だと思います。企業/国が一番大事で、個人の権利はその次です。これは社会の隅々まで未だに拭い難く続く、日本の文化です。

欧米では、歴史的に民衆が権利を獲得してきたこともあり、個人の権利が非常に守られています。会社勤務の人であれば、平日の6時以降/土日は個人の時間であり、ここに会社が介入してくることはありません。日本サラリーマンの生活は、欧米人から見れば、奴隷の生活です。

<社会の価値観>

日本は価値観が同一で、異なる価値観に対する許容量が少ないです。ファッションにしても、就職の仕方にしても、子供の教育の仕方にしても、「こうでないといけない」というのがあり、みんながストレスを抱えながら、必死でそれに従おうとします。不思議です。

欧米では個人の価値観が尊重されます。当然、社会に対する義務も強いのです。つまり、大人の社会なのです。

<家>

日本の家は高すぎです。厳密に言えば、所得に対する土地と家の値段が高すぎです。結果、人生をかけて返済するほどの借金をしながら、ものすごく小さな家しか購入できません。

------

こう言った点を考えて、日本を出るしかないな、と思った次第です。

誤解しないで欲しいのでは、僕は、よくいるアホな「外国(人)好き人間」ではありません。日本古来の文化なのど大好きで京都には何度も訪問しています。

生活の拠点とするには、欧米諸国と比較した場合、魅力が落ちる、と言っているのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海外移住という選択(1)

ここいらでタイトルを変えます。

先のエントリーで海外移住を決心した、とコメントしましたが、もう少し細かく説明したいと思います。

「海外移住」という言葉にどういうイメージがありますか?NETで検索しても、この単語にヒットするHPやブログは非常に少ないです。あっても、僕のように「考え中」や「目標としている」という人が大半です。つまり、それくらい、日本人にとっては、きわめて珍しいことです。

さて、海外に目を移すと、どうでしょう。当然ながら「たくさんいる」ということはないですが、「結構聞く」レベルの話です。

特に、僕がいるような途上国では、USAやEU諸国への移住が人生の目標のようになっています。これは、金持ち層/貧乏層を問わずです。その背景は、自分の国ではよりよい人生を送れない、と考える人が多いからです。

「日本はそんなどうしようもない途上国とは全然違うよ」というコメントがあると思います。全くその通りです。間違っても、これらの途上国と同次元では扱いません。

しかし、

日本以外の先進国と同次元か、というと、それはまた全く違う、と断言できます。

つまり、

日本は、途上国よりは遥かに魅力的な国だが、その他先進国と比べると、かなり魅力の落ちる国、ということになります。

もっと言いましょう。

サラリーマンという職群の人の生活で比較するならば、途上国で生活する中級(上級ではないですよ)エリート層よりも、日本の平均的サラリーマンの方が悲惨な人生を送っているいると思います。

驚くかもしれませんが、事実です。日本のサラリーマンは、時間的にも金銭的にも、はるかに下の環境での人生となっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人生をどう生きるか(3)

めずらしく時間が取れているので、本日は、ここ数ヶ月間に考えてきたことを雨霰のように次々とエントリーします。

先のエントリーで、「思い込み」という必殺技により、人生の方向を設定できた、と書きました。今回はそれを紹介します。

思考方法は、人生をどう生きるか(1)で紹介したネットの記事や「一生困らない人のシンプルな法則」で紹介した本に書かれている方法を実践したものです。

それらの中でも、僕が回答しやすかった問いは、これです。

「あなたはこの人生をどこでどんな風に過ごしたいですか?」

<where?>

どういう場所で、生活したいですか?住みたいですか?子供を育てたいですか?

人によって大きく違うと思います。

自分は昔、New Yorkの郊外(郊外、というところがポイントです)に住んだ経験があります。すぐにそこを思い出しました。その場所のどういった点に魅かれるのかを考えたところ、次の点でした。

  • 町が自然の中にあり(というか森の中にあるような感じ)、春は緑、秋は紅葉、冬は雪、庭にはリスや鹿が現れる。
  • 治安がいい。町が静か。
  • 住人が各国からきており異文化/異人種への許容度が高い。
  • 文化レベルが高い。
  • 地域コミュミティーがしっかりしている。
  • 住人が大人である。
  • 教育環境が整っている。
  • 個々人の人生/価値観が大切にされている。

つまり、僕はこういった条件がそろった場所で生活したい願望を持っているわけです。

<how?>

どういう風に生活したいですか?どういう風なライフスタイルを送りたいですか?

これも人それぞれでしょう。

スーパーリッチで何も仕事をしない、という人もいれば、自分のやりたい仕事のみをがんがんやる、という人もいるでしょう。質素に家族と生活できればいい、という人もいるでしょう。

この点に関して、逆説的にも考えてみました。つまり、どういう時にストレスを感じるか?感じてた経験があるか?という視点からです。僕は以下のようなときに最もストレスを感じます。

  • 自分がやりたくないこと(価値を見出せない下らないこと)を強制的にさせされる時
  • 平日の業務時間外/土曜/日曜/祝日などに強制的に業務をさせられる時
  • 自分で自分の時間のコントロールができず、人の都合に振り回される時
  • 平均レベルのお金がないことにより人生の選択肢が狭まる時
  • 平均レベルのお金がないことにより惨めな思いとする時
  • 視野の狭い人々と付き合う環境にいる時
  • 人生に対する価値観の違う人からその価値観を押し付けられる時

いやー、箇条書きにすると、こんな自分が日本企業で働き続けることができるわけないな

単純に言うと、僕の求める生き方は、

自分の価値観にもとづく行動をし、自分の時間は自分でコントロールできる環境で生きること。また、生活に困らないレベルの所得を有すること、となります。

<結論は・・・?>

色々と考えた結果、至った結論は・・・・。

海外移住(但し、どこでもいいわけではない)

無理して会社勤務をしないでいいような資産を有してのセミリタイヤ生活

うーむ、まさしく「思い込み」なしでは、設定できない夢です・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人生をどう生きるか(2)

昨年の12月に「人生をどう生きるか(1)」というエントリーをしました。それっきりになっていますね、このテーマ ・・・・

また言います。このブログは「人生を考える」がメインテーマです(しつこい)。

この数ヶ月、時間をみつけて色々と考えてきました。

①夢(目指すべき人生)の設定→②現状分析→③実現までの過程分析、

というプロセスで考えると、日本人の性格なのか、自分の性格なのか、③の箇所で「障害」ばかりが目につき、「やっぱり、どう考えても無理だー。リスクが高すぎるー。子供が路頭に迷うリスクがあるー。」と悲観論ばかりがでてきて、自分の人生の目指すべき方向を設定できないでいました。

しかし、どうにか解決できました。

その方法は・・・・、

先のエントリーでもコメントした「(明確な根拠のない)思い込み」です!!(解決してないか・・・)。

軽く考えているわけではなく、色々と考えた結果、やはり「思い込み」しかない、という結論に至ったのです。夢を実現させるには、頭の中にその様子を想像できるくらいにイメージを膨らまし、「絶対にそうなる」と「思い込む」しかありません !!

正直なところ、まだ不動の思い込みの境地(うーむ、我ながらすごい造語だ)には到達できてはいません。

昨年11月くらいから今年の3月にかけ、株式相場が大崩れした影響で、時価資産が1千万円近く吹っ飛びました。こういうことがおきると、すぐに弱気心がでてきて「やっぱり難しいかなぁー。やっぱサラリーマン人生でいくしかないのかなー。それが”そこそこ”の人生を送る方法かなー」と「思い込み心」が折れてしまうのも事実です。

それを補強すべく、あの手この手で自分に刺激を与えています。そのひとつの方法が本です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャリア競争力(自己実現のマネジメント)

お勧め本シリーズ(13)

<ジャンル:人生/仕事>

<対象:生き方/仕事のキャリアに迷っている方に>

先の本同様、実は、これも10年近く前に購入したものです。なんとなく今まで保有しています。

キャリア競争力(自己実現のマネジメント)

今サラリーマンとして働いている人が、より具体的な夢(この本では「パーソナル・ビジョン」と呼んでいます)の考え方を教えてほしい、と思っている人には最適です。

  • 野心派
  • ロマン派
  • 技能派
  • 事業派
  • バランス派
  • 暗中模索派

にわけ、各々のタイプの人が考えるべき、また、実行すべき、ことが具体的に書かれてあります。

これを購入した際は、サラリーマンとしてのキャリアを意識してよんでいたのですが、今は、サラリーマンとしてのキャリアは全く考えていないので、違った視点で読めました。

因みに、昔は「技能派」を目指し、今は「事業派」&「バランス派」です。

お勧めの本です。一読を。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

私たちは成功者に何を学ぶべきか

お勧め本シリーズ(12)

<ジャンル:人生>

<対象:生き方に迷っている方に>

有名なナポレオン・ヒルの著書です。成功者が共通してもつ特徴を52のテーマにわけて書いてあります。

実は、この本、10年近く前に購入したものです。その時には「うーん、なるほどねー」位しか自分に響かなかったのですが、今読むと、色々と考えることが多くあり、非常に価値のある本です。

先の「夢に日付を!」の紹介でもかいた「繰り返し」の重要性、について、この本でも触れています。多くの人は偉大な成功者の行動を学ぶが全く実行できていない、といっています。この解決には「繰り返し刺激を受けつづける」ことが重要である、といっています。まったくその通りですね。TV番組などに刺激を受けても、その刺激から発生した「やる気」が継続するのは短いですよね。

「夢に日付を!」を読んでみて、刺激を受けた人は、一読をお勧めします。

私たちは成功者に何を学ぶべきか Book 私たちは成功者に何を学ぶべきか

著者:ナポレオン・ヒル
販売元:きこ書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

渡辺美樹の夢に日付を!

お勧め本シリーズ(11)

<ジャンル:人生>

<対象:生き方に迷っている方に>

投資本ばかり紹介していましたが、何度も言っているように当ブログのメインは「人生を考える」です(全然そうなっていませんが・・・)。

ということで「人生を考える」のに助けとなる本もよく読んでいます。ということで、このジャンルの本を紹介していきたいと思います。

夢に日付を! ~夢実現の手帳術~ Book 夢に日付を! ~夢実現の手帳術~

著者:渡邉 美樹
販売元:あさ出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

レストランチェーン、ワタミの社長の著書です。かなりお勧めの本です。ぜひ一度読んでみて下さい。本を読むとき、心に響いた箇所もしくは、重要な箇所は折り目をつけていく習慣があるのですが、この本は久しぶりに大量の折り目が発生しました。

書いてあることは、基本的に他の人生哲学本(なんて呼ぶべきだろうか?)と同じなのですが、実体験を交え、かつ、具体的な手法を書いてくれているので、腑に落ちやすかったです。

刺激をうける箇所、また、そこから考えることは人によって違ってくるでしょうが、現在の自分には以下の点が参考になりました。

①夢はどんどん変化させていい

「夢」ときくと、立派なものを設定しないといけない気がして、そこで思わず考え込み、日々の忙しさにかまけ、結局、夢を設定できずに日々が流れていく、というパターンが多いと思います。しかし、「最初はなんでもいい」といっています。著者も「車がほしい」「庭つきの家に住みたい」からスタートした、と言っています。それが達成したら、また変更すればいいのです。

②大切なのは夢にむかうプロセスである

夢や目標にもよりますが、「そんなこと夢みても成功する可能性低いしな」と思ってしまいがちですが、結果より「プロセス」こそが重要といっています。夢に向かってがんばる日々が人生を充実させ、精神の高揚をもたらす、との主旨です。全くその通りだと思います。

③夢を達成した姿を繰り返しイメージする

自分にはこれが一番参考になりました。

夢を実現できる人、自分の人生を自らで切り開いていける人、と僕のような凡人との違いは何でしょうか?才能や運もあるでしょうが、それは横においておくとすると、やはり「意志力」でしょう。「自分をコントロールする力」です。ここが決定的に違います。

さて、問題はここから。「才能」ほどではないですが、やはり凡人からするとこの「強靭な意志力」も、「やっぱり自分には持ち合わせない能力だなー」と思わず思ってしまいます。しかし、この「意志力」を生み出しているものは何でしょうか?

悪い言い方をすれば「夢は必ず実現できる」という「思い込み」にも似たものが根底にあると思います。宗教のようなものです。なまじ、冷静沈着で現状分析にすぐれていると、この「思い込み」ができません。しかし、夢の実現には、この「根拠はないが、必ず実現できる、という”思い込み”」は、絶対に必要だと思います。かつ、これを長続きさせる必要があります。

この為には、強烈に夢を実現した姿を「繰り返し」「イメージ」することが必要、と言っています。大学受験の時に、希望のキャンパスを実際に訪問して合格後の自分をイメージするといい、というようなアドバイスがあった記憶があります。あれも同じですね(当時の自分はそれを聞いて「はぁ~?なんだそりゃ?」と思っていましたが・・・)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

(現状の)人生への疑問(2)

人生への疑問(1)の続きです。実に4ヵ月ぶりの続きです。

先のエントリーでも書きましたが、現在の自分の人生その延長上にある将来の人生に疑問が出てきました。

日本企業は概してどこも同じかもしれませんが、私の会社も「仕事第一(私生活/家族無視)」のモーレツ社風で朝から深夜まで働くのが当たり前です。これは、海外駐在中でも同じです。今は、土曜日も働いているので日本よりひどいですね。

結果、家族と過ごす時間は非常に少なく、プライベートな時間はなきに等しい状況です(出張が多いので空港と機内で読書がきますが)。

子供の教育やしつけなど関与することはできません。何故なら、子供起きている時間に会うことがあまりないから。海外では子供のイベントには両親が必ず出席しますが、自分は必ず欠席です。

過労とストレスから病気にもなりました。

因みに、僕の会社では病気になって前線がら退く人がとても多いです。偶にですが、死ぬ人もいます。

仕事は辛くて当然、努力と根性と我慢、が会社の価値観です。

では、あと10年くらい経てば、よくなるのかと、自分より10歳上の人たち、所謂、中間管理職の方々の状況をみると・・・、

家のローンだ、子供の教育費だ、何だと、もっと辛そう ・・・・ 

日本にいるときは、周りも皆そういう状況なので、そこまでの違和感はないのですが、海外に住んでおきながら、そういうライフスタイルを通していると、ものすごい違和感あります。異常です。

僕の会社は、客観的にみても社員を大切にしない風土の会社だと思いますが、日本企業は似たりよったりだと思います。日本企業でサラリーマンをしている限り、同じような人生を送ることになります。

そこで、考えるわけです。

  • こんな人生でいいのか?
  • こんな人生が本当に幸せなのか?
  • 世の中は厳しく、そういう風にして我慢していくしかない、それが人生だ、と考えるしかないのか?
  • 一部の才能にあふれた人達以外の庶民はそういう風にして生きていくしかないのか?
  • 日本は経済大国のはずなのに、どうしてこうも多くの人が、このような生活を強いられているのか?
  • 過労死が発生するような環境はやむなしなのだろうか?
  • 日本人サラリーマンは諸外国(先進国)と比較して、<豊か>といえるのか?

結論は、

否!!

日本は異常である!!

何かがおかしい!!

よって、

この路線からは離脱する!!

と自分の中で決心しました。

つい最近だけど。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

人生についてのエントリー

このブログは、「人生をどう生きるか」ということを考えることを主旨として立ち上げた(再開の仕切り直しをした)わけですが、最近、全然そいいうエントリーをしていませんでした。

なんだか、投資ブログみたいになってしまっています。いけません。

昨日、刺激をうける本を読んだのでの、原点回帰して、「人生」についてのエントリーを増やしていこうと思います。

過去にこのテーマでエントリーしたのは以下の3つのみ ・・・ 

最後のエントリーから3ヵ月も経っています。シリーズ化するような感じで「(1)」などつけていましたが、それっきりです・・・。

この3ヵ月、実は色々な本をよみ、自分の頭でも考えていたのですが、エントリーできるほどまとまっておらず、あっという間に3ヵ月が経ってしまった次第です。

文章にすると書きながら頭が整理されていくので、「走りながら考える」ではないですが、「ブログを書きながら考えていく」ことにします。

ということで、話が前後したりすることもあり、読む人にとっては、思考を追いずらいかもしれませんが、ばらばらとエントリーしていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一生お金に困らない人のシンプルな法則

お勧め本シリーズ(10)

<ジャンル:資産形成/人生>

<対象:資産形成という観点から人生を考えたい方に>

今頃になって紹介していますが、実はこのブログを再開し、その方針を決定するきっかけになった本です。

再開時のエントリーは↓。

http://mamaroneck.cocolog-nifty.com/blog/2007/12/post_b74f.html

資産形成のガイド本なのですが、先に紹介している本が所謂「投資本」であり、株式投資を主とする運用テクニックや投資理論を述べている本であるのに対し、この本は、「資産形成全般」及びその前提となる「人生哲学」的なことが含まれる本です。

資産運用をしていると、ついつい目先のテクニックにばかり目がいきがちです。長期投資を標榜する人たちもやはり、その長期投資「方法」を磨くことにエネルギーを使いがちだと思います。

個人的には、この本の啓蒙書的な箇所、「自分の望む人生」について書いてある章がもっとも心に留まり、悩むネタになりました。

皆さん、「あたなはどのような人生を生きたいのですか?」という問いかけに対し即答できますか?僕は本当に悩みました。

尚、この本は、他のブログでも紹介されています。

一生お金に困らない人のシンプルな法則―究極のミリオネア入門 Book 一生お金に困らない人のシンプルな法則―究極のミリオネア入門

著者:マイケル・ルボーフ
販売元:ダイヤモンド社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (1) | トラックバック (2)