自宅にいながらお金持ちになる方法

お勧め本シリーズ(14)

<ジャンル:独立/副業>

<対象:独立/副業を考えている方に>

「自宅にいながらお金持ちになる方法」

以前のエントリーで紹介した「一生お金に困らないシンプルな法則」と同じ著者です。先の本と同様、テクニカルな面のみでなく、心構え、というか哲学的な側面に多くの文面を割いており、この部分がなかなかいいです。

また、SOHOビジネスをする上での実践的な留意点がたくさん載っていて、中々勉強になります。

「独立(会社設立)」というと必然的に「組織による会社経営」を想定していたのですが(これが会社経営の醍醐味でもあるし)、こういう起業のやり方もあるな、と気が付きました。

この本は、日本市場では、巷ではやりの副業を考えている人を対象に販売されたものかもしれませんが、ある程度金融資産を積み上げ、ローリスクで適度な収益を獲得したいと考える人にとっては、この手法もありだな、と考えた次第です。

言い換えれば、セミリタイヤ者向けのビジネスにいい、とでも申しましょうか。

ま、商売はそんなに甘くないのでうまくいくのは簡単ではないのですが、SOHOは「自由な時間」が獲得できるのが最大の魅力です。

僕自体は、サラリーマンが副業をするのは反対なのですが(本業で忙しく、時間がさけない副業が大きく成功する筈はない)、SOHOビジネスに興味がある人にはお勧めの本です。

そうでない人でも、前述したような哲学的な箇所はなかなかいいです。Amazonの商品説明を抜粋します。

------------------------------------

   人はみな成功してお金持ちになれるだけの潜在能力をもっているという考え方や、その能力を阻んでいるのは自分自身だという見方は、自己啓発書のなかでよく目にする。本書もそれと同じスタンスであるが、著者の洞察はより深く、哲学や思想の言葉や寓話を散りばめた巧みな文章で、人生も成功もすべて自分の心のあり方で決まるという確信を抱かせてくれる。全10章のうちの、この最初の1章は、みずからを奮い立たせるテキストとして一読の価値があるといえる。

   また著者は、在宅ビジネスこそがよりよい成功を実現する形だとして、サラリーマンのメンタリティーや人を雇って手広く起業することに疑問を呈す。それよりも個人事業主として自由や充実感を得ながら儲けられる環境が整っているというのだ。働く意義やスタイルなどを見直すよいきっかけになるだろう。

   具体的な指南では、在宅ビジネスの選び方や必要な能力、マーケティングやアイデアの創造、時間やお金、自己の管理、パートナー選びなどでアドバイスを展開する。在宅ビジネスの実例から論じるのではないがアドバイスは実戦的で、米国の成功した企業やビジネスパーソンの豊富なエピソードが視野を広げてくれる。とくに、個人ではなかなか徹底しきれない顧客思考や戦略的発想、変化への対応、パフォーマンス評価の視点が得られるのは貴重である。

   これから米国のようにますます活発になっていく在宅ビジネス。本書はその担い手に向けた本格的な手引書といえる。

---------------------------------

この本は以下のブログでもコメントされています。

起業家のためのビジネス書評ブログ

生かす読書

| | コメント (0) | トラックバック (1)

独立という選択肢を考える(1)

「海外移住」のテーマからは一旦外れたいと思います。

先のエントリーで突然「独立・起業」なんて言い出したので、実際に起業した方やサラリーマンなのだけれども関係会社の経営などをされている方からすると、「苦労をしらないサラリーマンの甘々発言」と思われる方も多いかと思います。

所詮は収入の安定を保証されたサラリーマンなので、必ずしもその指摘は外れではないと思うのですが、多少、弁解をさせて下さい。

ブログのタイトル通り、自分はサラリーマンなのですが、若干違うのは、現在会社を経営する立場にいることです(社長ではないが取締役だったりはします)。

日本企業の海外法人(子会社)は、メーカーの工場でもないかぎり、数十人の規模の会社で、かつ、その中には日本人から複数の駐在員がいたりする形態が多いと思いますが(しかも、駐在員でない現地採用職員も現地に在住の日本人だったりするケースが多い)、

自分がやっている会社は数百人規模です。さらにその下にも2百人程度の規模の子会社があります。それでいて日本人は自分以外は一人という状況。完全な中小企業なので大企業のように優秀な人材はおらず、結果、なんでもやります。本社にいた時のように担当が明確でありません。営業も財務もシステムも買収Valuationも人事制度作成もなんでもやります。

ということで、土日も年末年始も働くはめになるのですが ・・・ 

というこで、大企業に勤務するすばらしさ、安定した商売があるすばらしさ、はよく分かっているのですが、逆説的ですが、こういうことをしていると、「東京に戻って、ただの担当業務はもうしたくないなー。自分の会社を持ちたいなー。人を動かしたいなー。自分色の組織を作りたいなー。」と思い始めるのです。

また、自分の会社は右肩上がりで利益がでているのに、自分の給料は変化なし、という状況に非常に不満がでてきたりもするわけです。

ということで、正しく「独立して自分の会社を持つ」とは自分の夢であるのです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)