自宅にいながらお金持ちになる方法

お勧め本シリーズ(14)

<ジャンル:独立/副業>

<対象:独立/副業を考えている方に>

「自宅にいながらお金持ちになる方法」

以前のエントリーで紹介した「一生お金に困らないシンプルな法則」と同じ著者です。先の本と同様、テクニカルな面のみでなく、心構え、というか哲学的な側面に多くの文面を割いており、この部分がなかなかいいです。

また、SOHOビジネスをする上での実践的な留意点がたくさん載っていて、中々勉強になります。

「独立(会社設立)」というと必然的に「組織による会社経営」を想定していたのですが(これが会社経営の醍醐味でもあるし)、こういう起業のやり方もあるな、と気が付きました。

この本は、日本市場では、巷ではやりの副業を考えている人を対象に販売されたものかもしれませんが、ある程度金融資産を積み上げ、ローリスクで適度な収益を獲得したいと考える人にとっては、この手法もありだな、と考えた次第です。

言い換えれば、セミリタイヤ者向けのビジネスにいい、とでも申しましょうか。

ま、商売はそんなに甘くないのでうまくいくのは簡単ではないのですが、SOHOは「自由な時間」が獲得できるのが最大の魅力です。

僕自体は、サラリーマンが副業をするのは反対なのですが(本業で忙しく、時間がさけない副業が大きく成功する筈はない)、SOHOビジネスに興味がある人にはお勧めの本です。

そうでない人でも、前述したような哲学的な箇所はなかなかいいです。Amazonの商品説明を抜粋します。

------------------------------------

   人はみな成功してお金持ちになれるだけの潜在能力をもっているという考え方や、その能力を阻んでいるのは自分自身だという見方は、自己啓発書のなかでよく目にする。本書もそれと同じスタンスであるが、著者の洞察はより深く、哲学や思想の言葉や寓話を散りばめた巧みな文章で、人生も成功もすべて自分の心のあり方で決まるという確信を抱かせてくれる。全10章のうちの、この最初の1章は、みずからを奮い立たせるテキストとして一読の価値があるといえる。

   また著者は、在宅ビジネスこそがよりよい成功を実現する形だとして、サラリーマンのメンタリティーや人を雇って手広く起業することに疑問を呈す。それよりも個人事業主として自由や充実感を得ながら儲けられる環境が整っているというのだ。働く意義やスタイルなどを見直すよいきっかけになるだろう。

   具体的な指南では、在宅ビジネスの選び方や必要な能力、マーケティングやアイデアの創造、時間やお金、自己の管理、パートナー選びなどでアドバイスを展開する。在宅ビジネスの実例から論じるのではないがアドバイスは実戦的で、米国の成功した企業やビジネスパーソンの豊富なエピソードが視野を広げてくれる。とくに、個人ではなかなか徹底しきれない顧客思考や戦略的発想、変化への対応、パフォーマンス評価の視点が得られるのは貴重である。

   これから米国のようにますます活発になっていく在宅ビジネス。本書はその担い手に向けた本格的な手引書といえる。

---------------------------------

この本は以下のブログでもコメントされています。

起業家のためのビジネス書評ブログ

生かす読書

| | コメント (0) | トラックバック (1)

独立という選択肢を考える(1)

「海外移住」のテーマからは一旦外れたいと思います。

先のエントリーで突然「独立・起業」なんて言い出したので、実際に起業した方やサラリーマンなのだけれども関係会社の経営などをされている方からすると、「苦労をしらないサラリーマンの甘々発言」と思われる方も多いかと思います。

所詮は収入の安定を保証されたサラリーマンなので、必ずしもその指摘は外れではないと思うのですが、多少、弁解をさせて下さい。

ブログのタイトル通り、自分はサラリーマンなのですが、若干違うのは、現在会社を経営する立場にいることです(社長ではないが取締役だったりはします)。

日本企業の海外法人(子会社)は、メーカーの工場でもないかぎり、数十人の規模の会社で、かつ、その中には日本人から複数の駐在員がいたりする形態が多いと思いますが(しかも、駐在員でない現地採用職員も現地に在住の日本人だったりするケースが多い)、

自分がやっている会社は数百人規模です。さらにその下にも2百人程度の規模の子会社があります。それでいて日本人は自分以外は一人という状況。完全な中小企業なので大企業のように優秀な人材はおらず、結果、なんでもやります。本社にいた時のように担当が明確でありません。営業も財務もシステムも買収Valuationも人事制度作成もなんでもやります。

ということで、土日も年末年始も働くはめになるのですが ・・・ 

というこで、大企業に勤務するすばらしさ、安定した商売があるすばらしさ、はよく分かっているのですが、逆説的ですが、こういうことをしていると、「東京に戻って、ただの担当業務はもうしたくないなー。自分の会社を持ちたいなー。人を動かしたいなー。自分色の組織を作りたいなー。」と思い始めるのです。

また、自分の会社は右肩上がりで利益がでているのに、自分の給料は変化なし、という状況に非常に不満がでてきたりもするわけです。

ということで、正しく「独立して自分の会社を持つ」とは自分の夢であるのです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

海外での所得をどうするか(2)

海外で労働所得を得る方法は大きくわけて以下の2つでしょう。

  1. 海外で会社勤めををする
  2. 海外で起業する

(1)海外で会社勤めををする

更に2つのパターンに分けられます。

  1. 現地資本の会社に勤務
  2. 日系企業の現地法人で現地職員として勤務

過去のエントリーでコメントしました通り、日本企業は国内外問わず、日本人ワールドを展開してきます。本店からの駐在員でなく現地採用であろうと相手が日本人であれば、その価値観を強要してきます(不思議と外国人には強要しませんが)。ということで、(2)選択肢では、何のために日本を出たのか分からなくなるので、基本的には対象外です(”基本的には”という理由はまた後日・・・)。

(1)の現地資本の会社への勤務、はどうでしょう?欧米の企業は日本企業と異なり、on/offがしっかりしているので、検討の対象にはなります。しかし、こちらが希望しても現実的に実現可能か、というと、自分は帰国子女でなく英語堪能なわけでもなく、また特殊技能があるわけでもないことを考慮すると、なかなか難しいと思います。

(2)海外で起業する

この選択肢はどうでしょう?

サラリーマンが独立するのにはかなりのリスクが伴います。ましてや、いきなり、海外で起業するなど正気の沙汰でない気がします。自分もそう考えます。考えたこともありませんでした。

しかし、先に紹介した海外移住を実現された方の本を読むと、意外と多くの移住者の方がこの形態を選択しているのです。当然、本に出てくる方々は、成功した方々であり、その影にはたくさんの失敗した方々もいるでしょう。しかし、こういう方法もあるのだ、と気がつきました。

ところで、先のエントリー(人生をどう生きるか(3))で言いましたが、「どういう風に生きたいか」という点における自分の希望にかなう究極の労働形態は、「自営業」だと思うのです。

更に、海外移住とは関係なく、昔から「いつかは独立したい」と思っていました。

ということで、「海外移住」に加え、「海外で起業」も本気で目指してみようか、と本気で考え始めました。(オイオイ、大丈夫か・・・、という声が聞こえてきそうですが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャリア競争力(自己実現のマネジメント)

お勧め本シリーズ(13)

<ジャンル:人生/仕事>

<対象:生き方/仕事のキャリアに迷っている方に>

先の本同様、実は、これも10年近く前に購入したものです。なんとなく今まで保有しています。

キャリア競争力(自己実現のマネジメント)

今サラリーマンとして働いている人が、より具体的な夢(この本では「パーソナル・ビジョン」と呼んでいます)の考え方を教えてほしい、と思っている人には最適です。

  • 野心派
  • ロマン派
  • 技能派
  • 事業派
  • バランス派
  • 暗中模索派

にわけ、各々のタイプの人が考えるべき、また、実行すべき、ことが具体的に書かれてあります。

これを購入した際は、サラリーマンとしてのキャリアを意識してよんでいたのですが、今は、サラリーマンとしてのキャリアは全く考えていないので、違った視点で読めました。

因みに、昔は「技能派」を目指し、今は「事業派」&「バランス派」です。

お勧めの本です。一読を。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

忙しすぎる

最近エントリーできていません。それは、あまりにも忙しすぎるからです。

僕のいる国の経済が絶好調であることもあり、最近、日本やアメリカからの出張者が次から次にきます。日本企業(or僕の会社?)の悪習で、連日深夜まで相手するので、心身ともに疲労しています。ありがたいことに土日をはさんできてくれるので、1月中旬以降、土日が1度もなく、平日も12時前に帰宅したことがありません。東京時代よりひどいな最近。

仕事が忙しいことは本来いいことでしょうが、ちょっと異常です。僕の会社は客観的にみて社員を大切にしないという点においては際立った会社ですが、他社をみても、日本企業は似たりよったりですね。海外の会社と比較すると、日本の企業は全般的に社員の人生の幸せを考えない風土をもっていると思います。というか日本政府が日本国民より日本の企業成長を重視していますね。ま、それは戦前から脈々と続く価値観ですが。

現在、土曜の深夜ですが、まだ仕事してます。明日も朝から出張者の相手です。げんなり。アメリカだとこういうことを当たり前のようにする会社は訴訟され痛い目にあいますよね。日本企業はそれないですよね。

一刻も早く、Financial Freedomを獲得し、日本企業からはとっととおさらばしなければ、と変なところで決意が固くなる日々です。

しかし、その願望とは裏腹に、資産運用は全くうまくいきません。給料だけが資産増に貢献している状況です。皮肉にも全く給料を使わない(というか使う暇がない)ので、それだけは順調にたまっていますが、そんなのちっともうれしくないですね。イライラする日々ですが、忍忍ですね。

いったい幸せな人生とはなんぞや、を考える日々です。

このテーマは、当ブログの主題なのに、全くその点についてエントリーしてないな。

時間をみつけてエントリーせねば。。。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

金持ち父さん、シリーズ

お勧めの本を紹介していきたいと思います。

お勧め本シリーズ(1)

<ジャンル:資産形成(総合)>

人生観というと大げさですが、職業観若しくは仕事観が全く変わりました。今でも定期的に読み返しています。都度、気づきがあります。シリーズとして複数出ているようですが、まずはこの2冊を是非読んでほしいです。

金持ち父さん貧乏父さん Book 金持ち父さん貧乏父さん

著者:ロバート キヨサキ
販売元:筑摩書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント Book 金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント

著者:ロバート キヨサキ
販売元:筑摩書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人生への疑問(1)

どこから始めようか、と思いましたが、ずばりここからスタートします。

自分の今の人生への「疑問」です。

また、この路線の延長にある自分の将来への「疑問」です。

新卒で入社してあっと言う間に10数年経過しました。実は入社以来、今の会社の価値観(or日本企業の価値観?)と「自分の価値観」とのズレは感じていましたが・・・、

・日々の仕事に追われ深く考える暇もなく、

・周りも全く同じ環境だったし、

・仕事でもOFFでも楽しいことも結構あったし(特に独身時代は)、

・一部は自分の希望叶っていたし、

・収入がよかったし、

という言い訳がたくさんあり、ひたすら突っ走ってきました。

しかし、30代半ばになり、また、日本を外から見る環境(=海外)におり、それでも、尚、ばりばりの日本企業の価値観で生活せざるをえない自分に対し、最近、この「疑問」が非常に大きくなってきました。

この「ズレ」に対する認識レベルは、2タイプあると思います。

(1)自分の目指すもの、価値感が明確で、これと現状の乖離点が明確

(2)はっきりとは言えないが、現状は自分の目指すものではない

大半の人は(2)じゃないでしょうか?そうであって下さい。少なくとも、自分は(2)です・・・。

自分の就職した年の前後はとにかく氷河期で、希望の業種・会社に就職できた人は少ないはずです。仮に希望の業種・会社に就いたとしても、学生時代に考えていたものと現実が一致しているとは限りません。因みに、自分は希望の業種についた方の人間です。

人生哲学の本や転職支援機関などでは、

・「現状否定」からスタートするのでは、転職しても駄目

・「人生の目標や夢」を明確にしてから行動する必要がある

と説きます。おっしゃる通りです。分かってます。

が、難しいです。とても。そうそう容易に明確な「夢や人生目標」なんか言えません。

なぜって、

・自分は長期人生計画を立てているような人間でないし、

・社会人を10年以上やって、厳しい現実を知っている

からです。

ということで、「はぁー、人生の目標ねー。現状の不満ならいくつも言えるけどなー。難しいなー。」と悩みながら、あの「金持ち父さん貧乏父さん」金持ち父さん貧乏父さん を数年ぶりに読み返していたら、救いとなる文章がありました!!

「まず、やりたくないことのリストをあげてみる。これを最初にあげるのは、やりたいことはここから生まれるからだ。」

演繹法か帰納法かよく分かりませんが、この思考法(というほど大げさなものでもないのですが)はとても助かりました。

次回、現状の不満点、猛烈に挙げていきます(付加価値なしの愚痴コーナー)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)