為替(自分用メモ)

またしても自分の頭整理用メモです。

<現在の世界の資金の流れ>

金融不安/景気後退懸念 → 株式(金融)市場から避難 → 投資先を探して商品市場へ → 商品up

原油up → インフレ懸念 → 米国景気後退懸念 → 米国株式down → ドル売り(ドル安)

商品市場up → インフレ懸念 → FRB/ECBの強調利上げ可能性 → ドル買いとユーロ買い → ドル高とユーロ高(対円で)

FRB/ECBの強調利上げ可能性 → 長期金利up → 長期債券down(既にマーケットは織り込んでいるか?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コモディティに投資するか?

6-7年前、世の中がデフレデフレと騒いでいるときに、NHKかBBCかのテレビ番組をみて(内容は忘れたのですが)将来はすごいインフレがくるに違いない、と思いました。

が、思ってはいましたが、商品に投資しようという考えにも至らず、また、同時はその方法もありありませんでした。

ニュースなどで最近は世界中でインフレが進んでいることは知っていましたが、物価の安ーいスーパー途上国に住んでいるので、世の中のインフレを実感として感じることができないでいました。

また、最近の資源相場はファンド等が実需以上に相場を押し上げている側面もあると考えていましたし(仕事上、その辺りの情報はよく入ってくるので)、また、はやりものに手を出すとろくなことはない、と思っていたので、気になってはいましたがコモディティを投資対象には考えず、そういうETFがあるのかどうかもチェックしていませんでした。

そもそも、コモディティ投資以前に、株式/債券の分散や国内/海外の分散もできていない状態なので、まずはそちらのポートフォリオ修正が先、という思いもありました。

しかし・・・、ここまでインフレが進んでくると、ちょっとヘッジしておいた方がいいかも、と思い出しました。

日本は今までがデフレ状態だったので、前年からの物価上昇率が世界の中でも最低レベルで維持されていますが、他国はすごい勢いで上がってきています。日本も遅かれ早かれ上昇率が高まってくるかもしれません。

ということで・・・・、

今頃ですが・・・、

こんなに相場が吹き飛んでしまった後ですが・・・、

コモディティ投資を検討します!!

鉱物資源やエネルギーの相場上昇は自分の会社が十分に恩恵を得ているようなので(その割に自分の給料は全然あがりませんが)、便宜、それらコモディティからのインフレ影響はカバーできていると見なし(強引!!)、

食料だけに注目します!! 

ということで早速食料関連のETFを調べたところ、以下の2つがありました。

MOOは食料事業をしている会社が投資対象としているのに対し、後者は食料品の先物指数に連動するETFになっていて、大豆/小麦/コーン/砂糖など流動性の高い食料が対象となっています。

さて、いずれにしますかね・・・。どちらのETFも既にものすごく上がっているいるので今から手を出すのはカモねぎ状態のような気もするのですが、このまま、中長期的に上がっていくような気もします

しかし、金融市場規模に比較して、商品市場規模はかなり小さいのに各種ファンドの資金が流れ込んでおり、一旦資金が引き出したらものすごい下げになりそうな気もしますね・・・

どらちに投資するにしてもMinimum投資でいこうと思います。

尚、コモデティ投資に関する「論理的な考え方」は以下のブログのエントリーを参考下さい(直感で勝負しているように見えるかもしれませんが、一応、同ブログの内容のようなこともきちんと参考にして考えてはいます・・・)。

Vmaxの投資のブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

債券クラス投資対象の見直し

過去にも債券クラスの投資対象を見直ししました。結果、現在の定期購入している債券クラスのETFは、以下の2つ。

FRBによる金融緩和(FFの引き下げ)も打ち止め観測がでています。それどころか、インフレ退治の為の金利引き上げの可能性も言われだしています(個人的にはまだまだ先だと思いますが)。

ということで、長期金利も既に上昇(長期債券価格は下落)し始めているので、自分の債券の投資対象も短期にすることを考える必要があるかも、と思った次第。

債券のETFはあまり研究しておらず(株のETFもだけど・・・)、深く考えずに取引量が大きく、純資産も大きいAGGにしていましたが、調べてみると同程度の取引量と純資産で、より短期間の債券クラスをみつけました。

iShares Lehman 1-3 Treasury Bond (SHY)

AGGに替え、こちらを購入してみることを検討したいと思います。

尚、債券のETFについては、以下のブログにて比較されています。

敗者と勝者のゲーム

しかし、先のエントリーでも書きましたが為替が重要です。債券の利回りなんて為替レート次第で簡単に吹き飛びます。為替リスクを追ってまで債券クラスに投資する意味あるのかな?ということも考えているこのごろです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

為替の動きが気になる

海外株式はInteractive Brokersを使って数種類のETFを購入しています。当然ドルでの購入になるので、ETFの購入前にドルを購入する必要があります。

ETFは、購入タイミングはあまり深く考えずに、単純に月に2回買いをいれています。

問題は、ドル購入のタイミング。

ドル購入もETF購入時と同じタイミングで購入するという手もあるのですが(それがもっとも簡単な方法ですが)、為替の動きが非常に大きく円建の収益性に大きく影響してくること、また、投資とは別に今の生活資金として定期的に大きな額のドルを調達する必要があることもあり、為替相場をにらみながらドルを購入しています。

しかし・・・、

為替相場も株式相場同様、読めません・・・・。

FXをしている人達はどの程度の相場知識があってやっているのでしょうか?

10年以上為替相場を見ていますが(別に専門ではないですが)、為替相場を読むのは簡単じゃないですけどねぇ。

株式同様、余計な知識がない方がいいのかもしれません。

日本って、自国通貨の価値が目減りする(円安になる)ことを喜ぶ、稀有な国ですが、通常の国は自国通貨価値の減少は国力の減少につながるので、なんらかの対策を打ってきます。特にアメリカのような経済形態をもつ国は言わずもがなです。

過去のドル円の為替をみるに、100円以下になると反発しています(反発までの期間は一定でないとしても)。素人はこの辺りを目安にするのがいいのかもしれません。

95円までいった時に、「もっと円高になる」とかいわれたので、ドル買いを逸してしまいました。中長期的には反発するはずなので、自動的に買うべきでした。

95円での買いは逸しましたが、102円程度のときに、そろそろ「ドル安を放置しない」発言が出てくるのではないか、と思い、1万ドルほどドルを買っておいたら、やっぱりでバーナンキ議長からこの発言が出ましたね。円安ドル高が急進しました。現在107円。

1万ドルの大半は生活資金として、IB口座から当地に送金してしまったので、ETF購入用のドルがもうない・・・・。思い切って買っておけばよかった・・・。

しかし、今後の相場も読めないなぁー。(じゃ、ドルコスト平均にしろよ、という声が聞こえてきそうですが・・・)

<思考メモ(自分用)>

・FRBはインフレ警戒→ドル安による輸入価格の上昇(消費者物価の上昇)を警戒→ドル安を牽制→ドル高円安

・FRBはこれ以上の金融緩和をしない→今の金利が最低水準→将来は金利UP→今のドルが一番安い→ドル買い→ドル高円安

・ECBが利上げを意識→更なるユーロ高ドル安の圧力→FRBはドル防衛を意識→ドル高ユーロ安を誘導→ドル高円安?

but、短期的には別シナリオもあり

・更なる金融不安→更なる金融緩和(金利低下)圧力→ドル売り→ドル安円高

・失業率の更なる増加→アメリカ経済の後退が顕在化→ドル売り→ドル安円高

・ECB利上げ→足元景気悪化が足かせとなりFRBは金利維持→ドル安ユーロ高→ドル安円高?

うーん、読めない・・・。

日本とアメリカの長期金利も動きがでてきているし、こっちも見ておかねば・・・。

あー、面倒くさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不動産クラス投資対象の見直し

先のエントリーで書いたように、「債券クラス」と「不動産クラス」の追加投資対象が米国のみに偏っています。債券同様、米国以外の不動産を対象とするETFを探してみたところ、以下のようなものがありました。

SPDR DJ Wilshire International Real Estate (RWX)

(信託報酬 0.6%)

しかし、これも取引量、純資産額が小さく、現時点では投資対象にすることができません。

ということで、やむなく、国内の投資信託を購入することにしました。対象は以前のエントリーで紹介した「スゴ六」の構成ファンドである

STAM グローバルREITインデックス・オープン

です。

海外REITを対象にする投信はいくつかありますが、

  • 信託手数料が最も安いこと(信託報酬 0.861%)
  • 毎月配当でないこと

という観点からこれにしました。

しかし、

  • 同ファンドはまだ実績がない
  • 所詮は(というと言い方が悪いですが)日本の投資信託会社が運用する投信なので、長期に渡り生き残るファンドとなるか疑問

という点が懸念として残ります。

ということで、この投信を購入しつつ、やはり、現在追加購入中の

Vanguad REIT Index ETF (VNQ) (信託報酬 0.12%)

も継続して購入することにします。

問題は配分だな・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

債券クラス投資対象の見直し

「敗者のゲーム」を紹介したエントリーでコメントした通り、債券クラスの投資対象について見直すことにしました。

今まで(といってもまだ2回購入しただけなんですが・・・)の同クラスへの投資対象は以下でした。

各々の構成内容は違う(前者は国債のみでなく、A格付の社債も対象としている)のですが、ともに米国の債券の代表的な指数に連動するETFで、似たような動きをします。

それなのに、わざわざ2つのETFを購入していたのは以下の理由があったからです。

  • AGGは純資産が大きく、取引量も多いが、BNDに比し、信託報酬が高い(0.20%)
  • BNDは信託報酬が安い(0.11%)が、純資産が小さく、取引量も少ない

さて、話を戻しますと「敗者のゲーム」で指摘されていたように債券はインフレに弱いです。一方、今後の世界的なトレンドはインフレでしょう(個人的見解ですが)。そこで、物価指数連動型のETFを探してみたところ以下のものが代表的なETFのようです。

iShares Lehman Tips (TIP)

これは米国の消費者物価指数に連動するETFです。信託報酬は0.20%です。

AGGとTIPの最近の動きを比較すると、物価上昇を反映し、TIPが大きく上昇しています。

2年グラフで比較

このETFについては以下のブログでも紹介されています。特にVmaxさんのブログでは詳しく説明されています。

これまた、以前もコメントしたのですが、AGG/BND/TIPとも全て米国が対象となります。米国以外を対象としたETFがほしいのですが、ちゃんとありました。

SPIDER DB International Government Inflation-protected Bond ETF (WIP)

アメリカ以外のインフレ連動債に投資するETFです。イギリスとフランスで約40%を占めており、日本も約4%入っています。

このETFは以下のブログでも紹介されています。

カン・チュンドの投資のゴマはこう開け!

ただ、このETF、まだまだ取引量が少ないようで、自分の投資対象にはなりません。

ということで、今月からTIPを投資対象に加えます。一方、投資対象をむやみに増やしたくないので、TIPの代わりにBNDは外すことにします。

それにしても、債券クラスを米国のみに集中するのはよくないですね。この点を考慮すると、追加投資をストップしている「PRU 海外債券マーケットパフォーマー」もよかったな、と思うのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

株式投資の未来

お勧め本シリーズ(9)

<ジャンル:資産運用>

<対象:インデックス投資を実践している方に>

以前紹介した、シーゲル博士の著書です。これまた今頃読みました。

この本の趣旨は、「単純なインデックス投資の効果を否定はしないが、それを上回る可能性がある投資方法がある。安定した好配当実施企業へ注目する必要あり。」という点。また、「成長率が高い銘柄が株主に高いリターンをもたらすとは限らない(成長の罠)」を紹介しています。

以下の点が役に立ちました。

①配当も重要であるということ

実は、いくつかの観点から配当を重視していました。しかし、多くの投資本で、「長期投資において税金が注意すべき大きなコストであり、これが発生する配当はよくない」と論じられており、その理屈も最もな点があったので、配当に対する自分のスタンスをはっきりさせることができなかったのですが、色々と整理されました。

因みに、僕が配当を重視していたのは、同書の理由とは、全く別の理由だったのですが、それは機会をみてエントリーしたいと思います。

②成長の罠

インターネットバブルに踊った張本人なので、この部分は皮肉にもよく理解できる(というかもう知っていた)のですが、再度よく肝に銘じる必要があると感じました。

簡単に書きましたが、毎度、この方の著書は得るものが大きいです。インデックス運用を実践していて、やや退屈している方にはぴったりではないでしょうか。お勧めです。

株式投資の未来〜永続する会社が本当の利益をもたらす Book 株式投資の未来〜永続する会社が本当の利益をもたらす

著者:ジェレミー・シーゲル,瑞穂 のりこ
販売元:日経BP社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月 投資完了

先月に続き、米国証券のInteractive Brokersを利用してETFを購入しました。銘柄は先月と全く同じです。2回に分けたのも同じです。細かく言えば、今月は、第2週と第4週の火曜に購入しましたが、これまた深い意図はなく、忙しかっただけです。

「売買手数料も含め、最低口座維持手数料が10ドル/月かかるので、逆にこれを利用して、月に計10回の投資(=10ドルの売買手数料が発生)を実施する」、としていましたが、今回はドル安が進んだ為、一部まとまったドルを購入しました。結果、10ドルの他に為替手数料2.5ドルが発生。結果、今月の投資額に対するコストは0.38%になりました。この辺りのコストをどう考えるか微妙ですね。

<海外株式クラス>

  • 米国株式 : SPY 4株 + VTI 4株 = 1,045.40ドル
  • 欧州株式 : VGK 10株 = 668.25ドル
  • 新興国株式 : EEM 2株 + VWO 2株 = 448.26ドル
  • TTL : 948.32ドル

<海外債券クラス>

  • 米国債券 : AGG 4株 + BND 5株 = 802.00ドル

<不動産クラス>

  • 米国REIT : VNQ 4株 = 247.78ドル

<合計>

  • 3,211.69ドル(約32万円)

<コメント>

  • アメリカが国をあげてサブプライム問題に対応していますが、簡単にV字回復とはいかないでしょう。日本のように10年以上も復活に要することはないと思いますが、少なくみても1年、もしくは2年はかかるでしょう。よって、株価も短期的には上下しながらもズルズルと下がっていくような気がしてきました。米国への投資を始めたばかりですが、もうからストップしたくなってきました。。。
  • 先のエントリーでコメントしたように債券クラスの対象を再検討しようかと思っています。候補としてはインフレ連動型でしょうか。ちょっと研究する必要ありです。
  • しかし、1ヶ月が異常に早いです。このままだと、投資実績だけを報告するブログになり、非常につまらない、かつ、当初の目的から全くずれたものになりそうです。がんばってエントリーします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

敗者のゲーム

お勧め本シリーズ(8)

<ジャンル:資産運用>

<対象:投資を始める人も既に始めている人も>

言わずと知れた有名な投資本ですが、今頃読みました。既に紹介した「ウォール街のランダムウォーカー」や「長期投資で成功するための完全ガイド」に比較すると、それほどのボリュームもなく、非常に読みやすい為、あっという間に読めます。

しかし、中身はなかなか濃くお勧めです。

長期投資の有効性、インデックスの有効性について述べているのは、先に紹介した本と同じですが、この本で新たに得たポイントは以下です。

①インフレは思っていた以上に重要な問題である

各種の長期投資を勧める本では、米国株式がいかに長期にみればすばらしい運用益を生み出してきたか、をグラフや表で表していますが、これは「名目利回り」であり、インフレを考慮した「実質利回り」でみると大きく目減りするということが分かりました。インフレの影響は頭では理解していましたが、より具体的に数字で理解でき、自分がインフレを軽く考えていたことに気が付きました。債券投資に対するスタンスを再考する必要が出てきました。

②ポートフォリオは必ずしも年齢に影響をうける必要はない

結構目から鱗でした。どの長期投資本でも、年齢とともに株式の比率を下げ、債券の比率を高くすることを勧めています。これはこれで間違いではないのですが、もっと大きな視点というかもっと高いレベルになってくると違ってきます。

つまり、現在築いている資産は、自分ばかりでなく、子供や孫の代まで引き続き継続して運用されていく場合です。ヨーロッパの金持ちなんか、この典型ですよね。先祖から受け継いだ資産を、元本を取り崩しすることなく、その資産からの収益で生活できる体制になっています。この前提の場合、極端な話、100%株式投資が正しい解となります。

ま、僕の場合は、引退時期には元本取り崩しながら生活していくことしかできないだろうjから、あまり関係ないのですが、意識はしていようと思います。

敗者のゲーム(新版) なぜ資産運用に勝てないのか Book 敗者のゲーム(新版) なぜ資産運用に勝てないのか

著者:チャールズ・エリス
販売元:日本経済新聞社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 運用実績

運用実績報告の第2弾。3月も中旬ですが、ようやく確認できました。忙しくて手が回っていないです。

【運用実績(単位:千円)】

<月中 追加投資> ・・・月末TTM換算円価

  • 海外株式クラス : +189 (SPY/VTI/VGK/EEM/VWO)
  • 海外債券クラス : +83 (AGG/BND)
  • 海外不動産クラス : +19 (VNQ)
  • TTL : +291

<月中 売却>

  • なし

<時価純資産の増減>

  • 対前月比 : +2.3% (内、資産運用損益の影響  +0.3%)
  • 対年初比 : -1.8% (内、資産運用損益の影響  -6.7%)

<2月 資産運用損益(=前月比の時価評価損益増減と売却損益)>

  • 運用資産TTL : +0.3%
  • 内、現預金 : -0.6%
  • 内、債券 : +0.4%
  • 内、株式 : +2.7%
  • 内、不動産 : -1.7%
  • 内、その他 : -0.8%
  • 内、実現損益 : なし

<月末 含み損益>

  • 運用資産TTL : +484 
  • 内、債券 : -14
  • 内、株式 : +1,289 ・・・ お、少し戻した!!
  • 内、不動産 : -792

<月末 アセットアロケーション>

  • 現預金 : 53.5% (円貨 41.5% / 外貨 12.0%)
  • 債券    :  2.2% (日本債券 0% / 海外債券 2.2%)
  • 株式    : 29.6% (日本 19.2% / 海外 0.3% / 新興国 10.2%)
  • 不動産 :  7.4% (日本REIT 7.4%/ 海外REIT 0.0%)
  • その他 :  7.3% (円貨 4.8%/ 外貨 2.5%)

【コメント】

  • 1月の相場下落の影響大きく、未だ対年初比の時価資産増減はマイナスです。
  • 今月から、投資対象は、原則、Interactive Brokersを利用してのETFのみとします。
  • 今月からようやく外国株式クラスの購入をスタートしました。少しづつアロケーションを進めていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)