資産形成における「攻め」と「守り」

以前のエントリーでも書きましたが、資産を増やすには、以下の3つのことをする必要があります。

  1. 収入を増やし(攻め)
  2. 支出を減らし(守り)
  3. 余剰金を賢く投資に回す(攻め)

通常、サラリーマンは「1」が難しい為、「3」に注力します。アフィリエイトや不動産経営などに注目し副業収入を得ようとしている方は「1」に注力していることになります。

「1」も「3」も、資産形成の上では「攻め」になると思うのですが、「1」の方がより積極的な攻めといえるかもしれません。

ブログをみていると、「1」にしても「3」にしても、かなり研究して実践されている方が多いのですが、「2」については多くは見かけません。

「守り」はやっぱり地味で面白くないからですかね?

誰でも攻めることを考えることが面白いですものね。

スポーツもやっぱり攻める側が楽しいし。

しかし、資産を確実に増やす、という意味では「2」がもっとも簡単確実な方法です

先のエントリーで書いたように、現在、会社の経営をしていますが、手っ取り早く利益を出す方法は、コストカットです。無駄な管理費、無駄な販売費、無駄な出費をコントロールします。散漫な経営をされていた会社は、たったこれだけで確実に浮上します。

これが終わった後で(厳密には平行してですが)、攻めである営業戦略を練ることになります。

何が言いたいかというと、家庭も一緒です。

攻めである「1」や「3」に一生懸命になっても、「2」ができていないと資産はたまりませんよ。

とはいえ、ちまちま節約も面白くないので(できるのが理想ですが)、まずはデカイ出費に対してよく研究して対策を練る必要があるでしょう。

日本人にとっての(ここポイントですが)3大出費は、これでしょう!!

  • 不動産
  • 生命保険
  • 教育費

海外と比較すると、この3つは尋常でなく高い買い物です。この3つを間違えると、「1」も「3」もくそもないですよ、ほんと。少なくとも一般のサラリーマンにとっては。

この3つについて、勉強になる本は、以前のエントリーで紹介した「世界にひとつしかない「黄金の人生設計」」です。ぜひ一読を。

各々の事項についての僕のスタンスは別のエントリーで・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界に1つしかない「黄金の人生設計」

お勧め本シリーズ(5)

<ジャンル:資産形成(生命保険/(自宅用)不動産/教育費>

Financial Independence(経済的独立)という言葉がメジャーになったのは、橘氏の著書によるところが大きいと思います。このFIを獲得する為には、人生の2大出費である「(自宅用)不動産」「生命保険」をコントロールする必要がある、とし、各々の出費の考え方について同氏特有のシュールな視点で説明されています。また、もう1つの大出費の教育費や国の年金制度/健康保険制度の仕組みと問題点についても細かく説明されています。読むのにかなりのエネルギーを要しますが、非常に有益な本だと思います。

世界にひとつしかない「黄金の人生設計」 Book 世界にひとつしかない「黄金の人生設計」

著者:橘 玲,海外投資を楽しむ会
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (1) | トラックバック (0)