5月投資完了

先月に続き、米国証券のInteractive BrokersでのETF購入とEトレード証券での海外リート投信の購入です。

<海外株式クラス>

  • 米国株式 : SPY 5株 + VTI 4株 = 1,274ドル
  • 欧州株式 : VGK 12株 = 870ドル
  • 新興国株式 : EEM 2株 + VWO 3株 = 620ドル
  • TTL : 2,764ドル

<海外債券クラス>

  • 米国債券 : AGG 5株 + TIP 5株 = 1,040ドル

<不動産クラス>

<合計>

  • 4,003ドル(約42万円)+3万円=約45万円

<コメント>

  • 今月から投資額を引き上げようと思っていましたが、小者度を発揮して、約4万円しかUPできませんでした。
  • 為替が1ドル=100円のころにもっとドルを調達しておくべきでした。株の購入タイミングは月2回と決めおり、値動きはみないことにしていますが、為替は動きが大きいのでタイミングをみながらドル購入をしています。が株同様、自分の相場観でタイミングを読むとうまくいきません。こちらもドルコストにするべきか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 運用実績

今月は株式/債券/不動産の全ての資産クラスで単月評価損益がプラスに動きました。所詮、含み損益の増減なのですが、資産を時価で計算してるので、時価純資産が増加したことには変わりなく、素直に喜びたいと思います。

【運用実績(単位:千円)】

<月中 追加投資> ・・・月末TTM換算円価

  • 海外株式クラス : +279 (SPY/VTI/VGK/EEM/VWO)
  • 海外債券クラス : +110 (AGG/TIP)
  • 海外不動産クラス : +50 (VNQ/STAMグローバルREITインデックスファンド)
  • TTL : +439

<月中 売却>

  • なし

<時価純資産の増減>

  • 対前月比 : +3.4% (内、資産運用損益の影響  +4.1%) ・・・ やった!! 
  • 対年初比 : -2.2% (内、資産運用損益の影響  -7.2%) ・・・ まだまだ 

<4月 資産運用損益(=前月比の時価評価損益増減と売却損益)>

  • 運用資産TTL : +4.1%
  • 内、現預金 : 0.0 %
  • 内、債券 : +2.8 %
  • 内、株式 : +14.0 %
  • 内、不動産 : +1.0 %
  • 内、その他 : +1.2 %
  • 内、実現損益 : なし

<月末 含み損益>

  • 運用資産TTL : +554 ・・・・ やったー!!プラスに転換!! 
  • 内、債券 : -14
  • 内、株式 : +1,707
  • 内、不動産 : -1,138 ・・・・ J-REITの傷は深いです 

<月末 アセットアロケーション>

  • 現預金 : 51.4% (円貨 41.4% / 外貨 10.0%)
  • 債券    :  2.6% (日本債券 0% / 海外債券 2.4%)
  • 株式    : 31.2% (日本 20.1% / 海外 1.0% / 新興国 10.2%)
  • 不動産 :  7.0% (日本REIT 6.8%/ 海外REIT 0.2%)
  • その他 :  7.8% (円貨 4.9%/ 外貨 3.0%)

【コメント】

  • 日本株と中国株の上昇の影響が大きかったです。日本株はまだまだ含み損ですけどね。
  • J-REIT、動きませんね。現在-22.9%の含み損です。結構下落した局面で「今こそ買い時」と大量に購入したのがいけなかったです。やはり素人は自己の相場感に自信を持たず、ドルコスト平均法がいいのでしょうかね。
  • IBを使用して購入しているETFですが、ほんとうに値動きが少ないです。まだ購入を開始したばかりなので、断言すべきではないでしょうが、今まで投資してきた日本と香港マーケットの値動きと比較すると、ほとんど値が動いていないような気さえします。これが厚みのある大人のマーケットなのでしょうか。これならば、無理してチマチマ購入しても、いつまでも目指すアセットアロケーションに近づかないので、投資額を更に増やそうかと思っているところです。
  • 今月は、海外旅行に大金使いました(百万円超)。心身リフレッシュの為とはいえ、こういうことしていては資産が増えないな・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月投資完了

先月に続き、米国証券のInteractive Brokersを利用してETFを購入。

3月に大いにやられて凹みましたが、がんばって投資を継続しました。

<海外株式クラス>

  • 米国株式 : SPY 4株 + VTI 5株 = 1,230.83ドル
  • 欧州株式 : VGK 12株 = 861.92ドル
  • 新興国株式 : EEM 2株 + VWO 3株 = 588.34ドル
  • TTL : 2,681.09ドル

<海外債券クラス>

  • 米国債券 : AGG 5株 + TIP 5株 = 1,056.30ドル

<不動産クラス>

<合計>

  • 3,932.01ドル(約38万円)+3万円=約41万円

<コメント>

  • 毎月30万円レベルでは資産における現金比率が増えていき、目指すアセットアロケーションに近づかないので、今月から投資額を増やしました(一気に増やせないところが小者ですが)。
  • 債券クラスの対象を変更、BNDに変わりTIPにしました。
  • 不動産クラスの対象を追加、住信の投資信託の購入を開始しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 運用実績

酷い。酷すぎる結果です。予想以上にやられていました。しかし、株を始めて10年近く経ちますが、含み損益も含めTTLで大赤字です。ほんといやになってきました。

澤上ファンドからは、相変わらず「今月もご機嫌買いができました!!」とレポートがきました。僕も黙々と追加投資をしていますが、はたしてこの行動が正しいかは自信ないです。

【運用実績(単位:千円)】

<月中 追加投資> ・・・月末TTM換算円価

  • 海外株式クラス : +216 (SPY/VTI/VGK/EEM/VWO)
  • 海外債券クラス : +80 (AGG/BND)
  • 海外不動産クラス : +25 (VNQ)
  • TTL : +321

<月中 売却>

  • なし

<時価純資産の増減>

  • 対前月比 : -3.8% (内、資産運用損益の影響  -4.4%)
  • 対年初比 : -5.5% (内、資産運用損益の影響  -11.1%) ・・・ 

<3月 資産運用損益(=前月比の時価評価損益増減と売却損益)>

  • 運用資産TTL : -4.4%
  • 内、現預金 : -0.9%
  • 内、債券 : -2.7%
  • 内、株式 : -10.6%
  • 内、不動産 : -9.0%
  • 内、その他 : -1.3%
  • 内、実現損益 : なし

<月末 含み損益>

  • 運用資産TTL : -1,527 ・・・・ ガクッ 
  • 内、債券 : -45
  • 内、株式 : -307
  • 内、不動産 : -1,174

<月末 アセットアロケーション>

  • 現預金 : 55.2% (円貨 43.5% / 外貨 11.6%)
  • 債券    :  2.4% (日本債券 0% / 海外債券 2.4%)
  • 株式    : 27.9% (日本 18.5% / 海外 0.6% / 新興国 8.8%)
  • 不動産 :  7.0% (日本REIT 7.0%/ 海外REIT 0.1%)
  • その他 :  7.5% (円貨 5.0%/ 外貨 2.5%)

【コメント】

  • 株安とドル高の影響をもろに受けました。資産がここまで目減りすると相当凹みます。はぁぁぁぁ。
  • 以前のエントリーでも書きましたが、含み損になると追加投資の手が緩みます。金をどぶに捨てている気分になりますよね。含み益が増減するのと含み損入りするのでは、気分が相当違います。こういう状況でも儲かっている人は儲かっているのですよねぇ。
  • しかし、毎月30万円レベルは維持します。意地です(洒落)。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年1月 運用実績

運用実績報告の第1弾。1月で区切りがいいですね。当ブログをみてくれている方の参考になるような運用実績となっていくといいのですが・・・。

【運用実績(単位:千円)】

<月中 追加投資>

  • 海外債券クラス : 198
  • 他 : なし

<1月 損益(=前月からの時価資産増減)>

  • 資産TTL : -4.0%
  • 内、現預金収支 : 秘密
  • 内、実現損益 : なし
  • 内、含み損益 : -4,136(現預金-403/債券-46/株式-2,987/不動産-616/その他-84) ・・・ 洒落になりません。

<月末 含み損益>

  • 資産TTL    :   +60 ・・・ 終に、たったこれだけの含み益に!!
  • 内、債券    :   -19
  • 内、株式    : +798
  • 内、不動産 : -719

<月末 アセットアロケーション>

  • 現預金 : 53.5% (円貨 41.1% / 外貨 12.4%)
  • 債券    :  2.1% (日本債券 0% / 海外債券 2.1%)
  • 株式    : 29.2% (日本株式 19.9% / 海外株式 0% / 新興国株式 9.3%)
  • 不動産 :  7.7% (日本REIT 7.7%/ 海外REIT 0%)
  • その他 :  7.5% (円貨 5.0%/ 外貨 2.6%)

【コメント】

  • 本来、時価資産増減は%で表示するほうが、ボラティリティが分かり、望ましいが、絶対額の方がリアル感が増すかな、と思い、金額で表示しました。
  • 今月購入した海外債券クラスは、「PRU海外債券マーケット・パフォーマー」です。
  • 一時は+1,000万円近くまでいった含み益が、終に+6万円になりました。合掌、チーン。尚、この月末含み損益に外貨預金に係る為替含み損益は含みません。過去データをトラックできず、把握できてません。前月末からの増減は把握できるので<1月 損益>には含まれています。
  • 相変わらず、ハチャメチャなアセットアロケーションです。海外(先進国)クラスを増やしていく必要があります。現預金が多すぎですが、特に意図はありません。無理して投資に回す必要はないと思っているだけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)